ココ調

今日のココ調

この秋、街で急増中! “荒縄女子”のファッションに大注目!!

今、街のファッションにあるトレンドが。
それは…、

Q.これ何ですか?

「縄」 


「縄です。縄ファッション」


縄!

縄!

縄!
神社のしめ縄やお正月のしめ縄飾りなどに使われる“荒縄”。

そんな荒縄っぽいアイテムをファッションに取り入れる “荒縄女子”が今、急増中なんです!

「かわいいです、普通に」


「かわいいと思います」


そこで今日のココ調は、「縄に魅せられた “荒縄女子”を調査!」
「縄コレクション」、略してナワコレも開催です!

まずは街の荒縄女子を調査。

「君の縄。(君の名は。)は?」


「このバッグの紐とベルトの紐です」

「きのう買いました」


なんと両方とも取材前日に購入したという彼女。
デビューしたばかりの荒縄女子です。

続いての彼女の“君の縄”はトートバッグ。

Q.縄の魅力は?
「そのまま自然のオシャレとして楽しめるのがいいですね」

お友達も見事な縄のついたポーチ!
可愛いだけではなくこんなメリットも。

「バッグの中で探しやすい」


また、こんな“君の縄”も…。そうショップバッグ。
持ち帰ってどうするかというと…。

「(部屋に)飾ったりしますね。オシャレだから」

また、お母さん世代の荒縄女子も発見!

「心地いい」


「肌にやさしい」


幅広い年齢層で見つけることが出来た荒縄女子。
大手ファッションブランドによりますと、去年、ウエストに視線を注目させる「たらしベルト」やサッシュベルトなどが流行。
その発展形として縄ベルトが注目され、さらにベルトだけでなく様々な縄アイテムが出てきたといいます。

ココ調がネットなどで調査したところ、最も多く見られたアイテムは縄ベルト。
その平均価格はおよそ3310円。
しかし、もっと身近に縄アイテムを取り入れたい…!

そこでネットで売られている縄ベルトと似た素材の縄をホームセンターで発見!
1.5mの縄ベルトの平均価格はおよそ3310円。
一方ホームセンターの縄は同じ長さでおよそ150円。
うまくアレンジすれば激安オシャレアイテムになるはず!


ということで、ただの縄をカッコよくする方法をスタイリストさんに伺いました。

「かわいくロープベルトを作りたいと思います」

用意した素材は、先程の縄と100円ショップで購入した合成皮革。
カッコよく出来るのか…?

「端が広がってしまうので(ビニールテープ)を巻いて固定します」
まず縄の両端(はし)をビニールテープで巻き、ほどけないようにします。

そして合成皮革をお好みの長さにカットし短冊状のパーツを作り、

これに切れ込みを入れます。

そして接着剤を塗り…、

縄にすこしきつめに巻いていきます。

両端とも留めればなんとたった3つの手順で完成!

なんてことでしょう!
ホームセンターの縄が、200円ですてきな縄フリンジベルトに生まれ変わりました。

続いてもうひとアイテム。

まず、100円ショップで購入したピアスの飾りの棒を切り落とし、

縄にペンチで固定。

そして、縄の端をほどくだけで完成です。

かわいい縄タッセルベルト、お値段たったの250円。

これらのアイテムを街のオシャレ女子に見てもらうと…。

「かわいい。タッセルっぽくて」


「100均ぽくないよね」


しかしこんな声も。

「難しい。レベル高い」


「合わせ方とか分かればやってみたいなぁ…」


どんなコーデがこの縄ベルトに合うのかわからないという意見が!

そこで!
今回作った縄ベルトに合うスタイルをご紹介!

“2017 縄コレクション”、略して“ナワコレ”です!

まずは、およそ200円の縄フリンジベルトにはボーダーとデニムのマリンスタイルをチョイス。

蝶々(ちょうちょ)結びで縄を締めてSO(ソー) CUTE(キュート)!


「マリンとロープはとても相性が良いものなので、シックにまとめてみました」

続いては250円の縄タッセルベルト。
合わせたのはボヘミアン調のワンピース。

大きな結び目が存在感をアピールします。


「流行りのボヘミアンスタイルなんですけど、ロープベルトで今年らしい顔にしてます」

ボヘミアンワンピと縄は相性バッチリ!
ただ、柄に負けないよう長めにするか、タッセルの部分にボリュームを持たせると良いそうです。

そしてラストはこちら!
クールなコーディネートの中、ひときわ存在感を放つのはイエロー・ブラックのウエスト。
そう、実はこれ工事現場で目にする作業用の縄!
ホームセンターで35円です。


「黄色とカーキの相性が良いので、秋を先取りして大人っぽくまとめてみました」

ポイントは高級感あふれるまるでバックルのような結び目。
結び方は超カンタン!


「2回巻くだけでバックルのような立体感が出て…」

「あとは差し込むだけですね」


なんとこれだけで完成です。

工夫次第で35円の作業用の縄も超オシャレアイテムに!

ファッションの秋、みなさんも「縄コレ」にチャレンジしてみてはいかがですか?

関連記事

先週の人気記事ランキング

無料記事

SNS

めざましテレビのソーシャルアカウントでも情報発信中!フォローしてね♪

プレゼント・アンケート募集中!!

>「ココ調」募集・アンケート

日常の気になる出来事をとことん調べます!最近のニュース、身近な生活の疑問を解決。
日替わりのキャスターがプレゼンする「ココ調」。
皆さまからの情報を募集しております!

>詳しくは番組HPへ

Close×