ココ調

今日のココ調

開成中学合格者を緊急取材! 未来のエリートたちの勉強法?夢まで徹底調査!!

2月5日、東京・荒川区にある私立の超名門・開成中学で合格発表が行われました。

「やったぁ~」



「うれしいです。ずっと目標としていたので」

「開成合格、超うれしい」


「よくやった!」


今年の受験者数1171人。
合格者は388人。
倍率は3倍。

35年連続東大合格者数1位の名門。

未来のエリートたちはどれくらい勉強をしてきたのか!?

今日のココ調は、開成中学合格者を緊急取材。
勉強方法から夢まで、徹底調査してきました!

まずは発表直後の小学生に話を聞くと…。
「合格おめでとうございます」

「ありがとうございます」



「(勉強が)好きではなかったので、誰に似たのかなという感じです」

「合格はギリギリ勝ち取れました」


「この1年は本当に勉強だけだったので」


Q.発表の瞬間はどうだった?
「お母さんから……」
「とにくかくうれしかった」

「これ僕がしゃべってるって分からないかな?」


「まあ、うれしかったです」


さらに、合格以外にもうれしいご褒美が。

「プレイステーション4、ニンテンドースイッチ、アイフォーン……」

「開成に受かれば考えてあげると言っていたので」

「ヘラクレスオオカブトを買ってもらえると思います」

「みんなで外食」

アンケートでも外食やゲームという答えが上位に入りました。
しかし中には…。

「ネックレスと指輪」


お父さんからお母さんにもネックレスと指輪のご褒美が。

「それはなんかおかしいと思います」



「私も頑張りましたよ。テキスト整理とか…」

受験は親子共同の戦いでもあったのでした。

では、合格を勝ち取るためにどれ位勉強をしたのか?
こちらのボードを使い学校がある日の1日のスケジュールを書いてもらいました。  
まずは…。


「朝は頭がさえるっていうんで、前日に解けなかった問題とかを考え直してみる」


「大変でしたけどそこを頑張ったから合格できた」

「入試は午前中なので」



「朝したほうが効率がいいとお父さんが言ってたので」

そう、入試の時間に合わせ、登校前にも勉強をする人が多く、合格者の38%が行っていました。

ちなみに合格者の学校以外での1日の勉強時間は4~5時間が最多。
中学受験をしない6年生とは倍以上の差が!  

しかし、この勉強時間確保の裏にはこんな苦労が…。


「ゲームとかも好きなんですけどそれをしないようにしました」

受験勉強のために我慢したもの、1位はゲームでした。

そんな中、こちらの小学生は…?

「走りたくなっちゃう。家の周りとかを」


「でもなんか時間が無駄だから…」


走りたい気持ちを受験のために抑えていた彼。
では、思いっきり走っていただきましょう!


「気持ちよかった」

では、最も気になる合格者の勉強方法を大公開! 
必見です!

「間違い直しノートを作って、いつでも復習できるようにしてました」

「関係ない曲歌いながら暗記ものとかの勉強をする。途中で言葉をはさみながら歌うみたいな」

そして、イマドキな勉強法も続々。

「iPadを使って、ネットでしか出てこないような一部を抜粋して苦手ノートとかに書いといたりとか…」

「お父さんがパソコンに、暗記用のアプリをダウンロードしてくれて、用語の暗記とかはそれを使いました」

情報が豊富なネットやアプリを使った勉強スタイル。
アンケートでも3割がスマホやパソコンを活用していました。

ではそんな勉強をしていた合格者の部屋は、どうなっているのか?   
自宅を訪ねました。

こちらが見事開成中学に合格した、スポーツ大好き長瀬陽洋(あきひろ)君。
早速、勉強部屋へ。

「ここでいつも勉強してます」


Q.このへんの壁とかも自分で?


「自分が負けそうになった時にこれをみて活をいれようかなと」

そこには、「合格するまで頑張れ!絶対合格できるぞ!!」と己(おのれ)を奮い立たせる言葉が。

とはいえ、集中力が持たない時も。


「疲れたときはあっちの道具を使って休憩します」

道具を使って休憩!? 
一体なに?


「この黒板を使って休憩してますね」


使うのはこの立派な黒板。
書く時の、コツコツという音に癒されるんだそうです。

勉強の疲れを勉強で癒す。
これぞ、開成合格への道。
しかし努力はこれだけではないんです。

Q.開成中学受験のためにそろえたものは?
「まずは過去の問題集」

「あと過去の問題集の解いたものを置いています」

中学受験の勉強を始めて3年。
その間に使った参考書やノートを積んでいくと、あっという間に…、

身長とほぼ同じ高さに!
乗り切らないノートなどもまだまだ大量にありました。

「こんなにやってるとは思わなかったので怖いです」

お父さんにも見てもらいました。


「頑張りましたね、本当に」



「自分の仕事に近いところは教えようかなあと思ってやりましたけれど」

「それがなかったら受かってないと思いますね」

そんな陽洋君の夢はお父さんと同じ、お医者さんになること。

そう、最後は開成合格者のみなさんの将来の夢。

「国際弁護士です」

「研究者になりたいなと思ってます。ノーベル賞とか取れたらいいなと思っている」

「まだ開発されていない治療薬を開発する研究者です」

「政治家とかいいかなと思います」

合格者50人に聞いたところ1位はお医者さんでした。

街で聞いた小学6年生の男の子の夢と比べると、1位のスポーツ選手はランク外。
代わって弁護士や政治家がランクインしていました。

春から新しい学び舎(や)へ向かうみなさん、合格おめでとうございます!

関連記事

先週の人気記事ランキング

無料記事

SNS

めざましテレビのソーシャルアカウントでも情報発信中!フォローしてね♪

プレゼント・アンケート募集中!!

>「ココ調」募集・アンケート

日常の気になる出来事をとことん調べます!最近のニュース、身近な生活の疑問を解決。
日替わりのキャスターがプレゼンする「ココ調」。
皆さまからの情報を募集しております!

>詳しくは番組HPへ

Close×