ココ調

今日のココ調

炎天下でもなぜ行列!? 人が押し寄せる道の駅を調査!

連日の猛暑が続く日本列島。そんな中・・・

「けっこう人が並んでいますね」


「すごい人が集まっていますよ」


全国各地に暑さをものともしない大行列が!

そこでココ調は炎天下にも関わらず人が押し寄せるスポットを2日に渡って大特集。

初日の今日は・・・そう。
道の駅!

24年前、全国103ヵ所で始まった道の駅も現在およそ10倍の1145ヵ所。

今や年間およそのべ2億1000万人が利用する国民的スポットなんです。

そこには暑くても足を運びたくなる道の駅の魅力が満載。

今日のココ調は炎天下でも大行列。
人が押し寄せる道の駅を徹底調査してきました。

まずやってきたのは田園風景の広がる小さな町の道の駅。

栃木県『もてぎ』。

道の駅の特集を組む旅行情報誌の編集長は


「ここは絶大な人気をほこる2大スターがいるのです」

一体、道の駅の『2大スター』とは?
さっそく山あいの道を進んでいくと・・・

突然現れたのはおよそ350台の車で埋めつくされた駐車場。
多い日には1日に1万人が訪れる道の駅なんです。

そんな中、この日の気温は・・・。
39.1℃。



通路にはミストが設置され、子どもたちの水遊び場も用意。

十分な熱中症対策が必要な猛暑日だったんです。

すると気温も上がった昼の12時。
駐車場の脇になぜか続々と人の姿が・・・

よく見ると携帯電話やカメラをかまえている人が多いようですが・・・
その視線の先にあったのは!

「うわぁ!来た!」


そう。SL!

「すごい迫力でした」


道の駅のすぐ脇を、SLを定期運行する真岡(もおか)鉄道が走っているんです。
SLは土日祝日のみの1日2回走ります。

一方、こちらは暑い日でも関係なく列を作っていた飲食店が!


「初めてなので有名なのでここで食べてみないと」
「ぜひたべて帰らないと、帰れないなと思ったので」

道の駅に来たほとんどの人が注文するという人気メニュー。
それが…コレ!

道の駅もてぎの『ゆず塩ら~めん』 

地元名産ゆずをたっぷりと使用。
全国の道の駅グルメナンバーワンを競う「道ワングランプリ」で連覇を果たした日本一のラーメンなんです。

「“ゆず塩”ってちょっと想像つかないですが・・・」


「ゆずの香りが想像以上に強いです。これは食べたことないですね」

SLと日本一ラーメンの2大スターが売りでした。

つづいてやってきたのは宇都宮駅からバスで35分。
年間およそ146万人が訪れる道の駅。

栃木県『ろまんちっく村』


「道の駅だと思って行くと非常におどろくと思うのですけども、一日中楽しめるテーマパークのような道の駅です」

テーマパークとは一体?
情報を元にさっそく行ってみると・・・

現在まだ朝の9時。気温はお34.7℃・・・


朝からおよそ500台の駐車場が徐々に埋まり始め・・・

昼にはあっという間に満車。

ピーク時には予備の駐車場を加えておよそ1000台の車で埋まってしまうんです。 

一体、人気の秘密は?
中に入ってみると・・・


藤井リポーター「この森も・・そこの森も・・もうすべてが」
「はい。ろまんちっく村の一部です」

そう。広がっていたのは・・・なんと東京ドーム10個分の広さ。
敷地面積日本一の道の駅。
この映像に映っているほとんどが「ろまんちっく村」の敷地なんです。

その広大な敷地を生かして無料のアスレチックや、

ジャグジー付の温水プール。

さらに露天風呂。

ここでは道の駅に泊まることだってできるんです!

「もっと回りたいんだけど回りきれないです」



「道の駅ですけど道の駅って感じがしないというか。ちょっとしたテーマパークみたいな感じがしますね」

さらに、こちらでは90種類以上の体験プログラムがあり、

サラブレッドの乗馬体験や

本格石窯を使ったパン作り。

その他にも、道の駅発のバスに乗り、採掘現場跡地で行われる地底湖の洞窟探検ツアーも人気なんだとか。

そして、もう一つの人気体験。



そう。ここでは道の駅で実際に売られている野菜を収穫する農業体験ができるんです。

そこで藤井アナも、キャベツの収穫に挑戦!

「すごい・・・水がしたたり落ちてる」


切った断面から水分がしたたり落ちるほど新鮮なキャベツ。

そんな農場で作られた野菜は、もちろん道の駅で買うこともできます。

そう。午前中の売り場は朝穫れ野菜が並べられたばかりで大盛況。

大きなきゅうりは3本100円。


なすは5本で100円。


新鮮さと安さで午前中の店内は大勢の人がひっきりなしに出入りしていました。

体験型の道の駅の感想を聞くと・・・。



「夏休みなにしていいか分からないとかあるので、そういう体験施設とかあれば、ちょっとお金かかっても行かせたいなと思います」

続いてやってきたのは神奈川から山中湖へ向かう山道の途中にある道の駅。

山梨県『どうし』。

午前中から続々と車が押し寄せるこちらの道の駅。

敷地内に行列ができる中…


自然に囲まれた道の駅ならでは遊び場が人気なんです。

それがこちら。

道の駅の隣には渓流があるんです!

水深が浅いため小さな子供も思いっきり水遊びができるだけではなく、周辺にはキャンプ場が30か所以上もあり、

ここを拠点に大人も子供もゆったりすごせると大人気なんです。



「子供は暑くて車の中でぐったりしているから休憩にはちょうどいいですね」


「涼しいですよね。やっぱり都会と比べて温度も1~2℃全然違うので」

さらにここへ集まってくるのはこんな人達も。

ものすごい数のバイク!


台数を数えてみると・・・。


77台止まっていました。


実はこの道の駅、周囲の道がライダー憧れのツーリングコースのため休憩や交流の場所として多くのオートバイが集まってくるんです。

「毎週来ているような感じですね」


「昔からオートバイが集まる場所」

「聖地」


暑い日が続きますが、まもなくお盆シーズン。

道の駅に出かけてみてはいかがでしょうか。 

関連タグ

関連記事

先週の人気記事ランキング

無料記事

SNS

めざましテレビのソーシャルアカウントでも情報発信中!フォローしてね♪

プレゼント・アンケート募集中!!

>「ココ調」募集・アンケート

日常の気になる出来事をとことん調べます!最近のニュース、身近な生活の疑問を解決。
日替わりのキャスターがプレゼンする「ココ調」。
皆さまからの情報を募集しております!

>詳しくは番組HPへ

Close×