ココ調

今日のココ調

夢の“もう一部屋”を実現! 激セマ! タイニーハウスの魅力を大調査!!

「見てください!小屋の前にたくさんの人だかりができています」

先月末に行われたホームセンターの最新商品などが集まるイベントで、

注目を集めていたこちらの小屋。


「中に入ってみますと、畳2帖分くらいの狭いスペースなんですが、趣味のものを楽しむにはすごくイイ空間かもしれません」

「秘密基地ですよね、まさに」



「できるなら作るところから全部やってみたい。やっぱ(自分の)城が欲しいですよね」


「自分の隠れ家というかね、逃げ場が欲しいというか…」

そう!世のお父さんたちを魅了してやまないコレ、いま話題の小屋、“タイニーハウス”!

ここ最近、雑誌でも特集が組まれ、


組み立てるだけで簡単に小屋が作れる“キットハウス”なども登場し、自分で作る人たちも増えているんです!


「やっぱり子供のころ秘密基地って作りたがると思うんですけど、それが今(大人になって)現実に手に入るのは大きいのかなと思う」

夢のもう一部屋を実現。
小さくて狭いのになぜ人気なのか?
タイニーハウスの魅力をココまで調べてきました!

まず向かったのは・・・
シンプルなデザインで人気の無印良品。

無印らしいシンプルな木造のタイニーハウス。

室内の広さはおよそ6帖ほど。
基礎から全てプロが工事をしてくれるとあって作りもしっかりしています。


「承り自体は関東近郊ということなんですけれども、日本全国とか海外の方からもお問い合わせをいただいています」

「皆さんやっぱり興味があるんだなとすごく日々感じております」

さらに、東京のオシャレタウン・表参道にはタイニーハウスが並ぶ一角が!

その一つに気になるものがありました。


車のナンバー、そして車輪がついているということは…

移動できるタイプのタイニーハウス!

こちらは、もちろん実際に車道を走ることができるタイニーハウスを使ったクラフトビール専門店。
あえて、動かせるタイニーハウスにした理由は・・・?


「これ動かしたときに思ったのは、手動のどこでもドアみたいだなって。(動かせば)ドアを開けるごとに景色が変わるし」


「桜前線とともにずっと(北へ)あがって行ったら、ずっと花見をしながら動けるのかなとか」

そう!狭くて小さいからこそ、どこにでも移動でき、どこにでも設置できるのもタイニーハウスの魅力。

そんな移動できる利点を生かして、今年4月には、日本初のタイニーハウスホテルが線路の高架下にオープン。

さらに今年7月、記録的な豪雨により大規模な水害に見舞われた岡山県倉敷市では仮設住宅にタイニーハウスを利用。
建設する時間が短縮できると、今後も多くの場所で活躍が期待されています。

さらに!タイニーハウスを自宅で活用している人たちを全国で徹底調査!

まずは・・・
とにかく○○だらけ!
こだわりのタイニーハウス!

やってきたのは千葉県茂原市。


「あっこれじゃないですか?」


「日本的なお宅の隣に小さな小屋がありますね。アメリカンなタイニーハウスですよ」

アメリカの国旗がそびえ立つ、「ザ・アメリカン」なタイニーハウス。

こちらが持ち主の片岡さん。


早速、中を見せて頂くと・・・。


「趣味のために自由に使える空間として、ほぼゼロから作り上げたもの」

大きさは幅・奥行き・高さともに、およそ2.5mのほぼ正方形。

趣味のDIYを楽しむために手作りしたというタイニーハウスは、鉄製の外装とは対照的に、温かみのあるログハウスのような内装。

「座るとそんなに小ささもあんまり感じないですね。くつろげます」
そんな、およそ2帖ほどの室内には…


とにかく、アメリカ!アメリカ!

アメリカーンなアイテムだらけ!

Q.アメリカンな感じがお好き?
「そうですね、昔から」

そのこだわりはタイニーハウスだけでなく自宅にも。

玄関を開けたらまずアメリカ!

そして車庫の中も・・・アメリカンなアイテムだらけ!

さらに!ペットはアメリカ原産のハリスホークと徹底したアメリカぶり。

実は、タイニーハウスの材料もなんとアメリカから輸入したものを買い付けてきたと言います。

そんな徹底したこだわりぶりに、奥様はと言うと・・・?


「ダンナが家で座ったり寝転んでるとこっちが落ち着かないから」


「外で何かやっていてくれた方がゆっくりゆっくりできるから、タイニーハウスさまさま?」

実は奥様にとっても、ご主人にとっても好都合・・・?なタイニーハウスでした。

続いては、○○をするためだけに作っちゃった!
驚きのタイニーハウス。

向かったのは、厚木市に住む川俣さんのお宅。


一体、何をするために作ったタイニーハウスなのかと言うと・・・?


横山リポーター「コーヒーって書いてありますよ」
「コーヒーの焙煎をするためのタイニーハウスですね」

そう、何とこちら、コーヒー豆を焙煎するためだけに作ったというタイニーハウス。

サイズは、幅およそ3m、奥行きおよそ1.8m、高さおよそ2m。

およそ3畳ほどの室内には…

カフェの中?と思わせるほど本格的な焙煎機や・・・


ワインセラーで温度管理したコーヒー豆など、コーヒーに関するものばかり!

さらに、こんな工夫も!

「この踏み台がですね、実はゴミ箱になってまして」


そう、これなら散らかった豆カスなどをササッと掃除できる上にゴミ箱を隠せるという一石二鳥のアイディア!

かなりこだわって作ったように見えますが・・・
かかった費用はと言うと・・・?


「18万円ですね。やっぱり自分で作る分、いろいろ切りつめられるんで」

Q.では一番高いのが焙煎機?
「そういうことになりますね・・・」

焙煎機の値段はヒミツ?

そんな自慢の焙煎機で引いた豆は、今では、ネットで販売するほどの腕前に。


Q.男のロマンがつまっている?
「つまってますね。たぶん子供のころからの夢なんじゃないでしょうかね」

そして最後は!
驚きの金額で作った超格安タイニーハウス!

向かったのは、滋賀県大津市。


こちらが、その驚きの金額でタイニーハウスを作ったという森さんご一家。

早速、そのタイニーハウスを見せてもらうと・・・。


「これはこの子が3歳のお誕生日のプレゼントとして作ったタイニーハウスです」

Q.お誕生日プレゼントなの?
「しらん!」


そう、実はこちらのタイニーハウスは子供の遊び場として作った「キッズハウス」!

基本的に子供たちが遊ぶ場所のため、作りはかなり小さめ。

ドアも子供サイズなので、大人が入るには少し小さいですが・・・

中は大人でも十分に立てる高さです。


「基礎だけはしっかりと(作った)。台風とかで絶対飛ばないように基礎はかなり勉強してちゃんと作ってますね」

安いからと言って手を抜いたわけではないようですが・・・
気になるお値段は?

「家にある材料も使って、買ったものでは5万円」
何と驚きの5万円!!

費用を安くするため、なるべく廃材などを使い、家族みんなで1年半ほどかけて手作り。

実はキッチンからも見えるようになっているため、子供たちの様子がいつでも確認できるのもポイントなんです!

そんなキッズハウスは今、お友達にも大好評。
子供たちにとっては自慢のタイニーハウスなんだそう。

「たのしい」


Q.自分のお家にも欲しい?
「うん、ほしい」


そんなキッズハウス、ご夫婦にはこんな夢もあるそうで・・・。

「一応孫ができたら・・・孫が使ってくれたら幸いかな・・・」

関連記事

先週の人気記事ランキング

無料記事

SNS

めざましテレビのソーシャルアカウントでも情報発信中!フォローしてね♪

プレゼント・アンケート募集中!!

>「ココ調」募集・アンケート

日常の気になる出来事をとことん調べます!最近のニュース、身近な生活の疑問を解決。
日替わりのキャスターがプレゼンする「ココ調」。
皆さまからの情報を募集しております!

>詳しくは番組HPへ

Close×