ココ調

今日のココ調

体づくりからダイエット・美容まで!女子の間で空前のプロテインブーム到来!!

今、街の女性たちのカバンの中には・・・

プロテイン!!

「筋肉量を増やそうと思って」


「(プロテインを)豆乳とかで割るんですけど、美容とか健康のために」

そう。アスリートや、筋肉自慢のマッチョが摂取するイメージだったプロテイン。
年齢・性別問わず、今、空前のプロテインブームが起こっているんです!

「手軽にプロテインって書いてあります」


「いろんな味の種類がありますね」


健康志向の高まりなどの理由から気軽にタンパク質を取れる“プロテイン”商品がコンビニでも続々、販売されているんです。

ココ調が、都内のコンビニ、スーパーで買える商品を集めてみると、その数65種類!

そこで気になる、今どきのプロテインの味は?

「おいしい!ビックリした!」
「おいしい!」


「普通においしいです」


「おいしい!」


味もお墨付き!

実際、プロテイン商品の消費量は右肩上がり!
今年は、500億円を超える見込みとなっているんだとか。

子ども専用など様々なものが発売され世はまさに“プロテイン”戦国時代!

そこできょうのココ調は体づくりから、ダイエット・美容まで!
プロテインブームを徹底取材です。

まずは、街で“プロテイン”をよく取るという人に話を聞いてみると…?


「毎日、朝飲んでいます。肌とか髪とかに良いかも」

「ダイエットというよりは、すてきな体でいたいなと」


「髪とか爪とかに栄養がいきわたるって聞いたことがあって」

「美容系で(プロテインを)取っている感じですね」

街で男女各100人に「プロテインを取る理由」を聞いてみたところ、女性は「栄養補給」、「美容・健康のため」、
「ダイエット効果」という声が。

一方、男性は…。

「トレーニングに目覚めて、プロテインを取りだした」

「モテたい!」


「モテたい」、「部活をしているから」、「とにかく筋肉をつける」という結果でした。

では実際、いつ、どのようにみなさんプロテインを取っているんでしょうか?


「職場のチームは、めちゃくちゃプロテイン好きで、みんなプロテインをアマゾンで注文して、オフィスに届けています」

さらに、こちらの女性は…。


「普段ちょっとお腹がすいたときに、食べるのがプロテインバーで」


「孫がやっぱり大変なので、動ける体の方がいいかなと思って」

そんな伊藤さんの食生活は…。
朝は、週に5、6回。粉末のプロテインを青汁と豆乳で割った、特製飲料を摂取。
そして昼は、プロテインバー2つと、おにぎりにスムージー。
さらに夕食も、ご飯などの炭水化物はあまり食べずプロテインバーを食べるようにしているそうです。

では、どのくらいプロテイン商品が販売されているのか?
ココ調が、都内のコンビニ、スーパーで買える商品を集めてみると・・・

「全部で65種類でした」


混ぜる必要がない、ゼリーなどの飲料系プロテインから、チョコやグラノーラなど、固形タイプのモノ。


さらにソーセージやささみ。
なんと体作りを意識したちくわや、カニカマまであるんです。

「こうやって比べてみると」

「カニカマ習慣の方がより大きく、そして水分も少なく見えますよね」


「ちょっとかまぼこっぽい感じで、噛んだときにジュッと出てくる水分が」

「カニカマの風味がするので、満足感はあるかなって感じはします」

数多くの商品が販売されているプロテイン。

そんな中、「プロテインひろこ」なる女性の情報をゲット!


1年半前からプロテイン生活を始めた森口(もりぐち)裕子(ひろこ)さん。

Qプロテインはどちらに?
「この辺にいくつか置いてます」

海外製品を含め、森口さんが現在持っているプロテインの数は、20個。
総額5万円ほどになるそうです。

「海外のプロテインはすごくコスパがいいんですけど、めちゃくちゃ大きいので、こんな感じで海外から届きます」


「美容目的とかで飲むのにすごくおすすめのプロテインですとか…」

プロテインの話になると、思わずテンションが上がっちゃう森口さん。
その後も、自慢のプロテインコレクションの話は止まりません。

しかし、なぜプロテインを取るようになったんでしょうか?


「(友人などに)なんで運動もしていないのに、こんなにプロテインばっかり飲んでいるの?みたいな」

森口さんは、そうではなく、本当にタンパク質を取って、栄養バランスを整えるために飲んでいるんだとか。
摂取量は1日に50gを目標にしているそう。

「体調もいい感じになったんですよね」

そう。“プロテイン”には種類があり、必要に応じたモノを選び取る量も重要だと、専門家はいいます。


「人間の体はタンパク質でできていますから、タンパク質を取るのは絶対必要なんですね」


「内臓などの疲労をとりながら、次の日の体をつくるという点では」

「美容効果も高いと思います」

大きく分けてプロテインの種類は、2つ。
1つは、体作りをしたい人などが摂取すると良いと言われるささみや、牛乳などの動物性タンパク質。

もう1つは、大豆などからできた植物性タンパク質。
髪や爪など、美容にいいと言われています。

しかし、注意すべきことも…!


「プロテインを取りすぎると、肝臓とか腎臓に負担がおきます」

先生によると、一日で体重1kgにつきおよそ1.5gのタンパク質を取るのが理想。

1回の食事での限度は40から50gで、一度に取り過ぎると体に負担がかかるといいます。


そこで、料理研究家の浜田陽子さんにより効率よくタンパク質が取れるプロテイン活用料理を教えてもらいました。

まずは、体づくりを目指す方におすすめ!
簡単ヘルシーな1品です。


「ササミを使って、サンドイッチをつくります。
高タンパクで低脂肪で低カロリーです」

材料はこちら。

通常のサンドイッチを作るように、パンに具材をはさむだけ!
ハムやチーズのかわりにプロテイン商品のささみを使うことで、よりカロリーを抑えられるそうです。

調理時間わずか5分!
ささみ入り特製サンドイッチの完成!

「おいしい! 野菜とプロテインを一気に食べられるっていうのはいいですね」


「このサンドイッチひとつで一食分の栄養が取れていると思うので」

「う~ん。“おいP~!」

それでは気を取り直して…


さらにもう1品。
バータイプのプロテインを使った美容効果が期待できるデザートです。


果物と、バータイプのプロテインを細かくきざみ


はちみつを入れたヨーグルトをグラスの中に入れていけば…。

あっという間にオシャレなスイーツが完成!
フルーツと食べることで、朝食にもおやつにも。

浜田先生によると、プロテイン単体で取るよりも他の栄養と一緒に取ってより吸収力を高めるのが大事なんだそうですよ。

関連記事

先週の人気記事ランキング

無料記事

SNS

めざましテレビのソーシャルアカウントでも情報発信中!フォローしてね♪

プレゼント・アンケート募集中!!

>「ココ調」募集・アンケート

日常の気になる出来事をとことん調べます!最近のニュース、身近な生活の疑問を解決。
日替わりのキャスターがプレゼンする「ココ調」。
皆さまからの情報を募集しております!

>詳しくは番組HPへ

Close×