ココ調

今日のココ調

今話題の“賞味期限切れ”専門店。9割引も!誰が買う?どう使ってる?を徹底調査!!

節約上手な人達の間で今、大注目のスーパーが!

「ええっ!?ラーメンですかね?定価600円が20円!?」

衝撃!およそ97(96.6)%オフの価格破壊!


さらに高級チョコレートが、1300円から89円に!


なんでこんなに安いのか、その理由が!


「賞味期限がこれ結構過ぎていますね」


そう、このスーパーの商品はほぼすべて賞味期限切れのモノ。

まだ食べられる食品がゴミとなる「食品ロス」。


その問題をなくそうと、


賞味期限切れや賞味期限が間近の商品を激安価格で販売するいわゆる賞味期限専門店が登場!

人気を集めているんです。

しかし、賞味期限切れの商品に抵抗があるかアンケートをとると、約半数が抵抗ありと回答。
抵抗があるのになぜ人気なのか。

そこで今回のココ調は・・・
「“賞味期限切れ”専門店 9割引も!
誰が買う?どう使ってる?」を徹底調査です。

まずは4月にオープンしたばかりの専門店を取材しに大阪へ。


「“これを捨てるなんてもったいない”。
 “買うだけで社会貢献できるお店”と書いてあります」

さっそく調査開始


「えっ!?ちょっと待ってください。
 オーガニックハーブスプレー1800円が49円!?
 ラーメンですかね?定価600円が20円!?」

お店の中を見ると、1年前に賞味期限が切れたモノから

切れそうなモノまで、激安価格でたくさん並んでいます。

お店の方に聞くと…


「いろんな食品が余っていまして、それを商品を安く買いとったり、もしくは寄贈いただいたりっていう中で販売させていただいております」

こちらのお店では賞味期限切れや間近の商品をメーカーから安く、もしくは無料で仕入れて格安で販売。

食品ロスが減り、お財布にも環境にも優しいお店なんです。

ではどんな人が買いに来るのでしょうか?


「お茶とかこの季節よく飲むので。子供もよく飲むので、やっぱりスーパーで買うより少しでも安く」

たくさん消費し、早く無くなる飲み物を安く購入し、ストックしているということです。


さらにこちらの方は・・・
Q.今日はどちらから?
「神戸から。
とにかく安いっていうのと、なかなか見たことない モノも置いていますし」

海外製のラーメンや調味料など、珍しいモノが安く購入できるのも魅力の一つ。
中には、他府県から来る方もいました

賞味期限切れのお店は東京にも…


「ありました!賞味期限切れの商品が20円でたくさん並んでいます」


賞味期限が切れたモノは昨年からなんと一律20円で販売。


よく来るというこちらの女性は・・・
「(20円は)すごいですよね。おいしくいただいています」
紅茶によく合うハチミツを購入されていました


「賞味期限が切れてもまだまだおいしく召し上がる事はできるんです。
賞味期限切れの商品を販売するお店は増えて行くと思います」

広がりをみせる賞味期限切れ商品。

今ではネット通販でもたくさんの商品を安く購入することができます

大阪にはこんなモノも!


「スゴイですよ!10円の自動販売機!」


そこにそびえ立つのは2台の10円自動販売機!

賞味期限間近の缶ジュースを格安で販売!

さらに、10円のとなりには

30円の商品も。

こちらでは賞味期限が近づくにつれ、30円から10円と徐々に安くなるんです

しかし、そもそも賞味期限が切れたものを食べても大丈夫なのでしょうか?

「賞味期限は品質が切れる日付ではなく、“おいしく食べられる”目安です」


「どの会社も(賞味期限は)短めに設定しています。だからきちんと保管していれば、もっと長く食べられる場合が多いです」

消費期限は「安全に食べられる」期限で、賞味期限は「おいしく食べられる」期限。
消費者庁のガイドラインでは、賞味期限を実際の期限の8割以下で表示することが望ましいとされています。

そこで、賞味期限をうまく活用している方を先ほどのスーパーで調査!


まずはこちらの3人組の女性

「これすごく安いよ。250円」「なんかワクワクしてきた」

その後も買い物を続け、こちらの女性はカゴいっぱい分の食品と水を購入。

定価だと、税込みおよそ4万7000円ですが


お会計は5382円!
「安っ!」

「すごいですよね。大満足です」


毎日消費する水など、使いやすく早く消費できるモノを4万円以上オトクにお買い上げ!

続いてこちらのお母さんはある工夫をしているそうで…


「冷蔵庫を開けたら一番手前に、子供がすぐ手に取れる場所に (賞味期限がはやいものは)入れています」

賞味期限に余裕のあるモノは奥に、早いモノは手前に置くことで、賞味期限間近の商品を効率よく消費していました。


続いてこちらの学生さんは…
「今日から一ヶ月間廃棄食材で生活しなければいけなくて…」


メディア情報を勉強する学生さんで、食品ロス問題に興味を持ち、賞味期限が切れたモノや飲食店の廃棄食材だけで一ヶ月生活する活動を始めるそう。

どれだけ安く食べられるか取材です。


Q.これは何ですか?
「これとかも全部廃棄される予定の食材で…」

こちらの食材はすべて廃棄食材や賞味期限切れ。

ところで、この日作るメニューは?


「タマネギとカニで、シーフードのパスタみたいな焼きそばができたらいいかなと思っています」

材料は廃棄食材と賞味期限切れの激安ラーメン

炒めたタマネギにラーメンを投入。


カニ缶を入れ、


ラーメンの粉末スープ、


オリーブオイル、


ソースを合わせれば…


廃棄食材で作った「タマネギとカニのシーフード焼きそば」の完成!

お友達と実食です!

「ん!おいしい!」「うまっ!」


「風味もカニでめちゃめちゃウマイです。廃棄(食材)と思えない」

お値段は・・・6人前で20円!

ちなみに、正木健司弁護士によると
「賞味期限が切れた食べ物や飲み物は、きちんと管理して販売しているものに関しては、法律上問題ありません」とのこと。

賞味期限切れ商品、注目が広がりそうです

関連記事

先週の人気記事ランキング

無料記事

SNS

めざましテレビのソーシャルアカウントでも情報発信中!フォローしてね♪

プレゼント・アンケート募集中!!

>「ココ調」募集・アンケート

日常の気になる出来事をとことん調べます!最近のニュース、身近な生活の疑問を解決。
日替わりのキャスターがプレゼンする「ココ調」。
皆さまからの情報を募集しております!

>詳しくは番組HPへ

Close×