ココ調

今日のココ調

わが街をPR! 個性派公務員ユーチューバ―を調査!!

キックを受ける男性に・・・

そしてニュースキャスター。
実はこの方々・・・


「地方公務員YouTuberの馬場です!」

そう、みなさん、公務員なんです!


「コロナ禍の中でイベントとかもなかなか参加ができない状況で、YouTubeっていうのが目についたところです」

コロナ禍の今、個性ある公務員がユーチューバーとして続々デビュー!
中には再生回数82万回を超える人気者や・・・
ご当地グルメの売り上げを一気に伸ばした公務員ユーチューバーも!

そこで今回は、わが街をPR!
公務員ユーチューバーをココ調です。

こちらのとってもマジメそうな2人・・・


「花には心を癒やす、季節感を醸す、部屋が華やぐ、心が豊かになるなどの魅力があります」

新型コロナウイルスの影響で売上が落ちている花の消費拡大を呼びかける動画。
お堅い内容かと思いきや…


画面にはだんだんと花があふれ、最後はサングラス姿に。

これは農林水産省のユーチューブチャンネル「BUZZ MAFF(ばずまふ)」。


全国の職員から選抜された15チームのユーチューバーが、農林水産物の魅力を発信しています。

「農林水産大臣の江藤大臣がですね」


「『職員が直でYouTubeを使って情報発信をしよう』と言ったのがきっかけで始まったプロジェクトです」

最も再生回数が多いのは、先ほどの白石さんと野田さんの動画で再生回数は82万超え。 2人の動画の特徴は・・・


「私たちは九州農スうえい・・・私たちは九州農政局で働いています」

あえて失敗も見せるスタイル。

また、ほかの動画では…

「大臣会見にそってお話しします」

手作り感あふれるイラストで農水大臣をいじり、さらに…


「6月21日はないのひね?(何の日ですか?) ないのひねって聞いちょらい?(何の日かきいてるではありませんか)」

大臣の会見映像に鹿児島弁で勝手にアフレコするなどやりたい放題。

すると…

大臣からまさかの呼び出し!

「100%怒られると思った」


実はその様子もユーチューブにあげているのです。


「あれは誰が描いたの?」
「あれは全部白石くん」

「あいつは左遷だな」

もちろん冗談で、その後“よく頑張っているね”と褒(ほ)められたそうです。


国立大学を卒業し、日本の農業のために働きたいと農林水産省に入った白石さん。

お父さんを取材すると・・・


「息子がユーチューバ―になると(言い出して)えっ!?大丈夫かよ!?と」


「家族会議をしたのを覚えていますね」

はじめは不安だったお父さんですが今では…

「いいかなと。けっこう面白いかなと」

また、白石さんのユーチューバーとしての活動は大体1日に1時間半程度、本来の業務をこなしながら行っています。

続いては長崎県大村市。


こちらの方が公務員ユーチューバーの馬場さん。

地元では超有名な郷土料理“大村寿司”をユーチューバーとしてどう紹介するのか見ると…


「馬場くん大村寿司 知っていますか?」
「見たことはありますが・・・」


「というのも馬場くん、実は大村市民じゃありません」


馬場さんは去年10月に配属された新人職員で、大村市についても新人。
街を知っていく過程そのものが情報発信になると市は考えたのです。

そんな馬場さんが紹介したお店は…


「新しいメニューを作って紹介していただいたモノを」


「地元のお客様でも“知らなかった”というところで、買いに来ていただいたっていうのはけっこうありますね」
福井県でも、公務員ユーチューバー石倉望央さん(広報広報課)が、明智光秀ゆかりの地を紹介するシリーズで光秀の妻・熙子(ひろこ)になりきって出演。観光をPRするその動画は、再生回数8000回を超えています。
そして・・・

「みんなで玉野の元気をお届けします」


こちらは、岡山県玉野(たまの)市のPR活動をする5人組公務員ユーチューバー「TMN4.8(ティー・エム・エヌ・ヨンテンハチ)」。


「コロナ禍の中でイベントとかもなかなかできないっていう状況で、YouTubeっていうのが目についたところです」

どのように動画を作っているのか聞くと・・・

「秘書広報課という所が動画のアップや編集をやってくれています」

みなさんはそれぞれ別々の部署に所属し、あくまで出演がメイン。

企画や撮影、編集は主に秘書広報課が行っているんです。

撮影予定について聞いてみると・・・

「明日予定しています」


Q.明日はどんな内容のモノをやるんですか?
「あの~インスタフォトコンって言って玉野市の・・・風景とかでしたっけ?」


「・・・何でしたっけ?・・・カンペが欲しい」


TMN4.8は出演することに全力を注ぐスタイル。

ではその実力は?

地元のご当地グルメを紹介する動画を見ると・・・


「穴子の風味と甘辛い?油味が、『たまの温玉めし』の良さをしっかりと出しています。とってもおいしいですね」


Q.食リポの秘訣は?
「台本6~7割くらいですね(笑)、でもおいしかったので!」

ちなみに、この動画の再生回数は取材時に438回でしたが、効果はあるのでしょうか?


紹介しているメニューを提供しているホテルに聞いてみると…
「実際に販売数はかなり伸びまして」

販売数を見てみると、動画を公開した日に一気に伸びているのが分かります。

そして、公務員ユーチューバーだけではなくV(ブイ)チューバーまで!


「ちょっとコレ、CGのキャラクターが船に乗って紹介していますよ」

バーチャルキャラクターがユーチューバーとして登場。

岩手県庁では“岩手さちこさん”が屋外ロケで観光名所を紹介。

さらに茨城県庁の“茨(いばら)ひより”さんも、


外での撮影で、高さ100mのバンジージャンプに体当たりで挑戦。

「や~だ!!!」

岡山県庁では災害対策などを

学校の授業風に発信していました。

ちなみに、今回取材した公務員YOU TUBERの皆さんですが、
どの動画も広告収入をつけておらず、街の魅力をPRしたいということで動画を配信しているそうです。

関連タグ

関連記事

先週の人気記事ランキング

無料記事

SNS

めざましテレビのソーシャルアカウントでも情報発信中!フォローしてね♪

プレゼント・アンケート募集中!!

>「ココ調」募集・アンケート

日常の気になる出来事をとことん調べます!最近のニュース、身近な生活の疑問を解決。
日替わりのキャスターがプレゼンする「ココ調」。
皆さまからの情報を募集しております!

>詳しくは番組HPへ

Close×