ココ調

今日のココ調

コロナ禍で続々登場! “車内テレワーク”」を大調査!

Q.すいません、今コチラで何をされているんですか?


「業務の仕事をやっています」
「今、車の中でテレワークしています」

そう、みなさんが行っているのは車の中でのテレワーク。


SNSには
「車の中でリモートワークが快適」
「集中できる」
などたくさんの投稿が。

コロナ禍で推奨されるテレワークに、今、「車」という選択肢が注目されています


中にはテレワーク用にDIYする女性も!
「私が今改造中の、夢のリモートオフィスカーになります」

今回は「コロナ禍で続々登場!
“車内テレワーク”」をココ調です

午前9時
「行ってきます」
「いってらっしゃい」



会社員の田中さんが自宅マンションを出て
向かったのは徒歩およそ30秒、隣にある駐車場。

Q.ここで何されるんですか?


「仕事です。コロナのタイミングから、うちの会社ではテレワーク推奨しているので」

そう、仕事場は車の中!
緊急事態宣言が出た4月から車でテレワークを始めました。

車の中はテレワーク仕様、
シートを倒して、取り外し可能なテーブルを置いて、仕事をしやすくしています。


後部座席に乗り込んだ田中さん。
まずはパソコンをセッティング!

10時15分ごろ、資料を作っています

すると…

「今コートを脱ぎましたね」


車内の温度は外と比べると4℃ほど高いので、暖房がなくても快適だそうです。

そして10時30分ごろ…
「助手席の方に身をに乗り出して何か手に取りました」


手に取ったのはヤカン。スープの素を入れたカップに、

ガスコンロでわかしたお湯を注ぎます。

続いてカバンからはおにぎり。

そう早めのランチをとっているのです


そして11時ごろ、スマホを手に取って…
「あ、お疲れ様です・・・」

電話で打ち合わせをはじめました


「ランチもこういう形で済みますし、コスパも最高ですね」

田中さんに車内テレワークに必要なモノを教えてもらうと・・・

「やっぱりコレですかね、電源」


特別定額給付金を利用し20万円弱で買ったポータブルバッテリー。
電子レンジやドライヤーが使えるほど大容量で、エンジンをかけずに仕事ができます

しかしなぜ家ではなく車で仕事をするのでしょうか。


「営業なので商談をすることが多かったりとか、家もそんなに広くないので、
シェアオフィスとかあるんですけれども、まだまだ密になっている」


シェアオフィスはコロナ禍で利用者が急増。
車の中の方が電話やWEB会議をしやすいといいます。

さらに、車内テレワークをする方をSNSで発見!


こちらの方は、ホームセンターで980円で買った板をダッシュボードに設置し、パソコンを置いて仕事。


システムエンジニアの男性は、ポータブルバッテリーとパソコンだけで車内テレワーク。

また、自動車メーカーなども各社、車内テレワークを提案。

「テレワークパーク実証実験駐車場と書かれていますね」

ここでは自動車メーカーのスズキなど、浜松市の複数の企業と市が車内テレワークの実証実験を行っています。


実際に車内で仕事をしてみて何が必要なのか検証し、電源の供給場所を増やす必要があるなど、改善点が見えてきたといいます。

来年の一般公開を目指しているそうです

トヨタ自動車など複数の企業が参加するグループが開発したのは、

車内レイアウトを工具なしで自由に変えられる「マルチタスク車両」、


USB電源はあわせて20個。
外部バッテリーを搭載しているので、

エンジンを止めたまま仕事ができます。

日産自動車はホームページで、車内で快適にテレワークができるDIYグッズを公開。


これはダンボールでつくるデスク。実際に作ってみると・・・あっという間に完成。


ハンドルに取り付けることができるので、デスク作業がはかどります。

また、トヨタレンタリースの新埼玉店では、パソコンテーブルを法人会員限定ですが、無料で貸し出しています。


そして個人向けのキャンピングカーやバンのシェアサービスを全国展開する「カーステイ」は、元々アウトドア需要がほとんどでしたが、今ではテレワークをする人にも貸し出しています。

続いて車内テレワークのためにDIYしている女性を取材。


「私の車はあちらです。あの白い商用車のバンが、私が今改造中の夢のリモートオフィスカーになります」


澤野さんは旦那さんとお子さんが2人の4人家族。企業の広報や営業をサポートする仕事をしています。
そんな澤野さん、テレワークのために車を購入。
「30万円で買いました」

「内装と外装含めて10万円の予算でやってみようと思っています」

中を見させてもらうと…


「こっち側の方に机か何かを置いて、こういう向きかこういう向きで、デスクワークができるようにしたいなと思っています」

さらにこんなモノも。


「おままごとキッチンなんですけど、そこの部分を本物の水栓に変えて」

「電動ポンプを設置して、蛇口をひねればそこから水が出るようにできます」

おもちゃをリメイクし、使えるようにして、1日中車の中でテレワークできるようにする予定。

作業しているのは自宅ではなく工務店。


「スプレー類で下地とか塗ったりするときに、家だと近くのおうちの車に飛んだりしないか心配」

塗料の心配もなく、工具の騒音も気にならず、作業スペースが広いこの場所で作業しているのです。


工務店の方は
「バンを改造する方がけっこう増えているので、そういう方のために場所を提供できればと、今考えています」

澤野さんにとって車内テレワークの魅力は?


「家にいると家事が気になっちゃうんですよね、“夕飯の支度しながら仕事しようかな”とか」

澤野さんの場合、以前利用していたコワーキングスペースは月2万円。
車が完成すれば駐車代や保険料などで、およそ1万5000円ですむといいます。

さらにこんなメリットも・・・


「移動もできるということで、どこで働いても全く影響がない」

移動して好きな場所で仕事ができることも、魅力のひとつです。

専門家によると、車のDIYの注意点としては、
テーブルやベッドを設置するためにシート等を取り外すのは違反。事前に運輸局などに確認するのが良い。との事でした。

関連記事

先週の人気記事ランキング

無料記事

SNS

めざましテレビのソーシャルアカウントでも情報発信中!フォローしてね♪

プレゼント・アンケート募集中!!

>「ココ調」募集・アンケート

日常の気になる出来事をとことん調べます!最近のニュース、身近な生活の疑問を解決。
日替わりのキャスターがプレゼンする「ココ調」。
皆さまからの情報を募集しております!

>詳しくは番組HPへ

Close×