ココ調

今日のココ調

ユニークな取り組みが続々! 進化するドラッグストアを調査!!

「天井とか壁とかも本当に女の子っていう感じで。本当ドラッグストアっぽくないですね!」

今やコンビニをしのぐほどの数があるという薬局。
その数、およそ6万施設!

これまでも、スーパー並みに食料品を扱うなど進化を続けてきた薬局ですが・・・

今、さらに新たな取り組みを始める薬局が増加中なんです!

一体、どんなユニークな取り組みなのか!?
次々と進化を続ける“薬局”をココ調します!

まず向かったのは・・・新宿駅!
東口から徒歩およそ1分の場所にあるのが・・・!


「え!もしかしてコレですか!? 『ココカラファイン』って書いてある!すごくオシャレなビルですね」

去年12月にOPENしたばかり!
全国に1300店舗以上を展開する「ココカラファイン」。

新宿を訪れる女性がターゲットの、進化した薬局は、まるでファッションビルのような作り!

4階建ての店内は、どんな風になっているのか?
まるごとチェック!


「入ってすぐにPCR検査のキットが置いてあります。そしてこちら側、マスクがずら~っと、すごい量ですね」

「マネキンなんかもマスク着用していてアパレルっぽい雰囲気もありますね」

マスクだけでも、200種類以上の品揃え!

「1階は特にお客様が入られて『発見』」


「自分で(商品を)見つけていただける楽しさ、っていうところをコンセプトとしてつくっております」

マスクの他にも化粧品や家電など、ジャンルにこだわらず、20代から40代の女性が気になるトレンド商品がずらり。

中でも、他のドラッグストアにはないというのが・・・


「こちらが『D2C(Direct to Consumer)』という場所になっておりまして、インターネットのみで販売をしている商品を試せるというスペース」

ネットでしか買うことのできない商品を実際に試して、使い心地を確認できる!
という新しい試みを実施。


そして、2階では・・・?
「いっぱい薬が並んでいますよ。陳列もキレイでホントにスタイリッシュですね!」

2階は、医薬品やサプリメント、日用品など、都市型生活に密着した商品を取りそろえています。

では、3階はと言うと・・・?


「うわー!2階と比べて明るいですね!」


「こちらはメイク用品を中心に置いてあると思うんですけれども、薬が置いてあるところとは全然違いますね」

他の店舗の3倍以上もの化粧品を、手指を消毒した上で試すことができると言います。

「3階はお客様にキレイになっていただくフロアとなっておりますので」


「照明もできる限り他の階よりも、明るい設定になっておりまして、こだわってつくらせていただいております」

さらに!女性にはうれしい、こんな仕掛けも!

「女優ライトがありますよ!このフロアだけでも相当明るいんですけど、女性は嬉しいと思いますね」

フロアの中央に設置された、ライト付きの広いメイクスペース。
しかも!これだけではなく・・・!

メイクしている所をあまり見られたくないという人のために、フロアの奥にも、ライト付きのメイクスペースを設置。

そして4階には、200種類以上のパックなど、スキンケア商品がズラリ揃います。


「ここのお店でしか扱えないものというところを他社との違いというところで、アイテム(数)に関しましては、負けない自信もあります」

一方こちら!都内にある薬局で、進化していたのは・・・?

「おお~!なんか木の感じとか全体的に温かみがありますね」

「こちらにはキッチンがありますよ!ドラッグストアにキッチンスペースがあるって初めて見ました」

実はこちら、1913年創業、108年の歴史を誇る老舗薬局。

おととし11月、グレーを基調とした落ち着いた雰囲気の店内に全面リニューアルしたんです。
ですが、あの気になるキッチンは…?

「こちらはワークショップスペースとしてつくりまして」


「地域の皆さんが気軽に来てお話ししたり、楽しみの一つになるような、そういう場にできたらいいなと思って」

以前、医薬品と日用品で占めていた店内は・・・


医薬品の数を半分に減らし、近所の人が集まれるスペースにして、より地域に密着した店に進化。


「やっぱり一番大きいのは、ドラッグストア形式で営業している個人の店の限界というか、厳しさというのを感じて」

「体だけじゃなくて心からとか、社会のつながりとか」


「そういうものからも健康を見つめられるようなスペースをつくる、ということに決めました」

コロナが終息したら、ゲームをしたり、料理をしたり、誰でも自由に使えるスペースにしたいと言います。

ちなみに・・・
店内では医薬品以外に、こんなモノを発見!

「こっちは食器がたくさん並んでいます! ちょっと珍しい、こだわりの品って感じがしますが・・・」


「完全にこれは趣味です。自分の」
Q.趣味なんですか!?
「そうです。スパイスカレーが好きなので・・・」

カレー好きが高じて販売しているという、カレー用のお皿!

Q.実際に買われた方は?
「いらっしゃいます」

「このコロナ禍で、このお弁当箱はけっこう人気が出ているみたいで」


「スパイスもけっこう漢方と通じるところがあって、胃腸を元気にするようなスパイスがいっぱい入っているんですよね」


「健康っていうコンセプトがブレなければ、何やってもいいかなっていうのは思っています」

さらに・・・
群馬県にある調剤薬局では・・・

「こちらですかね、薬とかいう看板は一つもないんですけど、カフェみたいなオシャレな建物になっています」

何と!360度ほぼ全面ガラス張り!
去年、グッドデザイン賞も受賞したという、こちらの薬局。


「うわー、見てください!中も上が吹き抜けになっていて、仕切っている壁なんかも一切ないですね」

「薬局ってちょっと閉鎖的なイメージが多いので」


「なるべく開放感を持っていただく、患者さんが気軽に入って来やすい、相談しやすい空間と言うことにこだわりまして」

狭い空間のイメージを、広い開放感のある空間へ進化!

こうすることで、外からも薬局の中が見えるので、混雑状況なども一目で把握することができるんです。

「ビックリしました」


「スゴイね~。こんなガラス張りで、まさか中が薬局になっているとは全然思わなかった」


他にも、子供たちが勉強することもできるライブラリースペースやトビラを閉めることができる、授乳室を完備!

さらに、お客さんのために調合した漢方薬をその場で煎じることができる機械も導入しています。

「とっても居心地がいいですよね、本当に」


「生活のこととか家族の心配事とか、そういうのも聞いてもらって励まされている」

「隣の建物でリハビリ(指導)をしているんですけれども」


「外を歩く練習をしているときは、だいたいここで休憩させてもらっている」

さらに進化しているのは、室内の空間だけでなく・・・!


「車が薬局の横に止まりましたね。薬を受け取っているみたいですね」

車に乗ったまま、薬を受け取ることができる「ドライブスルー」を導入。


「中に入って行って感染の心配とかもあるのですごく便利で助かっています」

さらにこちらでは、来月から、ドライブスルーに限らずLINEで友だち登録をすれば、事前に調剤予約をすることができ、待たずに薬を受け取ることができるようになる、とのこと。

今後も、生き残りをかけて様々なアイデアで進化を続けていくのかもしれません。

関連記事

先週の人気記事ランキング

無料記事

SNS

めざましテレビのソーシャルアカウントでも情報発信中!フォローしてね♪

プレゼント・アンケート募集中!!

>「ココ調」募集・アンケート

日常の気になる出来事をとことん調べます!最近のニュース、身近な生活の疑問を解決。
日替わりのキャスターがプレゼンする「ココ調」。
皆さまからの情報を募集しております!

>詳しくは番組HPへ

Close×