モアセブン

モアセブン

これぞ究極のこだわり!おいしく食べられる時間が驚くほど短い「賞味期限・激早グルメ」

店主「賞味期限10分という形で…」

店員「賞味期限が40秒なんですよ」

マスター「30秒ですね」

実は、今、驚くほど短い賞味期限の食べ物が話題になっているんです。

そこで、今日は、そんな究極のこだわりから生まれた賞味期限・激早グルメをご紹介!

まずは、奈良県にある世界遺産・金峯山寺蔵王堂のすぐ近くにある

こちらのお店から。

ここの賞味期限・激早グルメが、吉野本葛と水だけで作った「葛切り」。

賞味期限は、わずか10分です。

さっそく、出てきてすぐの「葛切り」をひと口。

高垣リポーター「つるッつるッ。 口の中で溶けますね」

口の中で溶ける食感が、絶妙。

では、ここで、賞味期限の10分間を定点観測してみましょう。

ここで5分が経過。見た目の変化は良くわかりません。

さらに時間が経っても特に変化は見られません。そして…

はい!今、賞味期限が切れました!一見、全然変わってない様に見えますが、

出来たてと比較すると、賞味期限が切れたものは、白く濁っているように見えますよね。

味にも変化はあるのでしょうか?実際に食べてみると

高垣リポーター「すごい食感がしっかりしている。その分固くなっているんですね」

食感が一番美味しい状態が、まさに10分以内だったんです。

続いては、賞味期限わずか40秒のグルメ!

やってきたのは横浜にある焼鳥店です。

このお店が提供する賞味期限40秒のグルメが、こちら!

貴重な鳥の白レバーを、豚の網脂で包んで炭火で焼いた逸品「ごっそ玉」です。

このメニュー、焼き上がりから、賞味期限のカウントダウンが始まるので

店員さんも、猛ダッシュで運ばないといけません。

店員「お待たせ致しました。賞味期限40秒のごっそ玉です」

と、ここに着くまで、すでに18 秒が経過。

残り22 秒しかありません。

高垣リポーター「噛んだ瞬間にトロトロのものがフワッて出てくるんですよ。凄く美味しいです」

そうこうしているうちに、時間切れ。食べきることはできませんでした。

ちなみに賞味期限40秒を定点観測してみると、こんな感じ!

はい、これが賞味期限の切れた瞬間です。

外見は全く変わっていませんよね。

でも中を切ってみると、右側の40秒を過ぎたものは
レバーのトロミがなくなっているのが分かります。

40秒がたった賞味期限切れのお味は?

高垣リポーター「さっき中身はトロトロだったんですけど今はなんかパサパサしていますね」

最高に美味しいトロトロ具合を味わうため、賞味期限が40秒に設定されていました。

続いては、こちらのコーヒーショップから。

このお店にあるのが、本日最短記録、賞味期限30秒のグルメです!

それが、こちらのアイスクリームが入ったエスプレッソゼリー。

このメニュー、アイス入りのカップにコーヒーと洋酒を注いだ瞬 間から、賞味期限のカウントダウンが始まります。

高垣リポーター「あ!美味しい!めっちゃ美味しい!」

そうこうしている間に、またしても、賞味期限切れに。

高垣リポーター「最初柔らかかったけど少し弾力が出てきました」

そう、このコーヒー。時間が経つと、どんどん固まっていって30秒経つとご覧の通り。

しっかりと固まってゼリー状になってしまうんです。

コーヒーが固まるか固まらないかの絶妙な食感を楽しむのが、このメニューの醍醐味。

たまたま同じメニューを注文していたお客さん3 人組を発見。
こちらのお兄さんたちは、30秒完食できるのでしょうか?

高垣リポーター「さあ今もう半分。後半戦に突入しました」

勢いよく飲んでいくお客さんたち。

と、ここでタイムアップ。

カップの中を覗いてみると、3人中2人が完食。

「30秒で食べないと美味しくないと思うんで」

高垣リポーター「お三方はどの様な関係の方ですか?」

「これですかね」

「ラグビーです」

実は、こちらの体格の良いお兄さんたちは社会人ラグビーの現役選手。

ネットを見て、この賞味期限30秒コーヒーを飲みに来たんだそうです。

食欲の秋。みなさんも、賞味期限・激早グルメを味わってみてはいかがですか?

関連記事

無料記事

SNS

めざましテレビのソーシャルアカウントでも情報発信中!フォローしてね♪

Close×