HERO ~スターに憧れた少年の夢~

紛争地帯、アフガニスタンの南東部に位置するジャゴリ地区。
この村に住む5歳のムルタザはサッカーが大好きだった。
だが、持っているのは空気の抜けたボロボロのボール1つだけ。

村には電気も通っておらず、車のバッテリーに取り付けたソーラーパネルを利用して蓄電し、かろうじて短時間テレビが見られた。
恵まれない環境の中で、サッカーの試合を見るのがムルタザの唯一の楽しみだった。
中でも大好きな選手がいた。
それは…アルゼンチン代表で、スペインの名門FCバルセロナに所属する、大スター、リオネル・メッシだった。

ムルタザはアルゼンチン代表の、ストライプのユニフォームに憧れていた。
だが、経済的な理由で、ユニフォームを買ってやることなど不可能だった。

さらに、国の情勢は緊迫しており、スポーツが行われること自体まれ。
首都カブールのサッカー場は、一時期 処刑場になったほどだった。
自由にサッカーを楽しむことなど、夢のまた夢だった。

そんなある日、兄はメッシに憧れる弟のために、ストライプのポリ袋をベストの形にしてアルゼンチン代表のユニフォームを作ってあげた。
そして、喜ぶ弟の姿を、離れて暮らす親戚に見てもらおうと、SNSに親族だけが見られるかたちで限定公開した。

ところが、後ろ姿のこの写真だけが、どこからか流出。
ネット上で1人歩きを始めてしまったのである。

ポリ袋のユニフォームをまとった少年の写真は、『世界一のメッシファン』と名付けられ、世界中に拡散された。
あの少年はどこの誰なのか?
一時、その居場所について、間違った憶測が流れるなど、情報は錯綜。
イギリス公共放送BBCまでもが記事にした。

一方、アフガニスタンに住む2人の兄弟は、自分たちの写真が拡散され、世界で話題になっていることなど知るよしもない。
ゆえに彼らが名乗り出る事もなく、その正体が明らかになる事もなかった。

オーストラリア、2016年1月26日。
その日、1人の男性がニュースに気付いた。
それはオーストラリアに移住した、ムルタザの叔父だった。

彼は、『世界一のメッシファン』の少年は、アフガニスタンに住む自分の甥であるとSNSに投稿。
すると、すぐさまBBCから問いわせが来た。
そしてBBCが少年について報じると、世界中のマスコミがこぞって取り上げるように。
中には現地アフガニスタンでの取材を敢行するメディアもあった。
訪れた記者に対しムルタザはこう答えている。
「メッシに会ってみたい。メッシが大好きなんだ。」

そんなある日の事。
ムルタザに、アルゼンチン代表のユニフォームが届けられた。
送り主は、なんとメッシ本人!

実は、中東でメッシに憧れる小さなファンのニュースは、いつしか本人も知るところとなっていた。
メッシは自身もアルゼンチンの貧しい家庭に生まれた。
サッカー選手を目指していたが、十歳の時、成長が阻害されるホルモン分泌障害と診断された。
だが、その才能を認めたFCバルセロナが、治療費を負担し、一家でスペインへ移住、トップ選手へと成長したのである。

苦しい環境の中、サッカーを愛し、自分に憧れてくれる少年がいる。
せめてその小さな願いを叶えてあげたい。
メッシは、アフガニスタンサッカー協会とユニセフに協力を要請、ユニフォームを贈ったのだ。

ユニフォームには直筆のサインが。
そして手紙には、『僕も君に会いたい。これを着て練習に励んでほしい。いつか必ず君に会いに行くよ』という、メッセージが書かれていた。

情勢を考えれば、メッシがアフガニスタンにやってくるとは思えない。
しかしそれでも「いつか会いに行く」というメッシの言葉を信じ、ムルタザはサッカーの練習に励んだ。

辺境の村に住み、突然世界から注目された家族。
このささやかな幸せは、一家をさらなる困難に直面させることになる。

治安が悪化する中、人々の心はすさみ、メッシのユニフォームや現金を要求する脅迫が殺到、このままではムルタザの誘拐すら起こりかねない。
命の危険を感じた一家は、慣れ親しんだアフガニスタンの小さな村から姿を消した。

一家が故郷を去ってから8カ月後。
昨年12月、カタールの首都・ドーハ。
メッシの所属するFCバルセロナは、この地でサウジアラビアのサッカーチームと、親善試合を行うことになった。
世界トップクラスの強豪クラブがシーズン中、わざわざ中東まできて試合を行うのは極めて珍しい。

試合開始直前、両チームの入場。
先頭はメッシ。
だがよく見ると、彼だけが通常1名であるはずのエスコートキッズを2名伴っている。

メッシの右手を握っていた少年こそ、あのムルタザくんだった。
一体何が起こったのか?

実は、ムルタザの窮状を知ったメッシは、すぐにでも少年に会って励ましたいと、行動を開始。
だが、アフガニスタンは紛争地帯。
ましてやスーパースターであるメッシには、自由に行動する時間も限られている。

そこで所属クラブを通して、アフガニスタンサッカー協会、ユニセフと連携し、ムルタザに会うためのプロジェクトチームを立ち上げた。
そして、行方のわからなくなった一家が、パキスタンのとある村に避難していることを突き止めると…
続いて、親善試合の実現に向け日程を調整、当時、比較的治安がよく、パキスタンからも近いカタールでの開催にこぎつけた。
こうしてメッシは『いつか必ず会いに行く』という約束をついに果たしたのである。

ムルタザはメッシのそばにくっついて離れない。
審判にピッチの外に出るよう促されても、向かった先はメッシのところ。
試合開始寸前でもこの通り。

試合後行われた、懇親会。
ここでもムルタザはメッシと離れようとせず、思い出深いひとときを過ごした。

小さな弟の夢を応援したいという兄の思いは、少年を憧れの人へとつなぐシュートとなり、思いもよらないゴールへと繋がった。
きっと少年はこの先の困難にも立ち向かうことができるだろう。
かけがえのない思い出を勇気に。

あの試合から間もなく、アフガニスタンサッカー連盟は、いつかムルタザ君が国の代表として活躍できるよう、全力でサポートするとコメントを発表。
そして現在、居場所を明かすことはできないが、ムルタザ君はメッシからもらったもう1つのユニフォームを着て練習に励んでいる。
アフガニスタン代表となる日を夢見て。
「あの日会えて最高だったよ、メッシ大好き」

Close×