爆笑!ほっこり&胸キュン!アニマル映像SP!

【熟睡中の猫!】
この子は寝ています。
その証拠に呼びかけても反応なし、全身脱力しています。
ただ、なぜか目隠し。
明るいのが嫌なの?

【好奇心旺盛な〇〇】
じっとこちらを覗いているアニマル…どうやら犬だ。
目、鼻、口だけを出し、吠えもしない。
マスクマンな犬だった。

【演技派の犬】
この犬は演技派だ。
飼い主が、撃つフリをすると…後ろに倒れて、撃たれた演技をする。
一歩足を広げて身構え、首の傾きで息絶えた感じを、崩れる片膝が無念さを表現。
そしてピクリとも動かない。
アカデミー アニマル賞だ!

【大爆笑するアニマル PART①】
ラクダが大爆笑!
実に楽しそうにみんなと同じタイミングで笑っている!
しかも…笑顔がそっくりだ!

【大爆笑するアニマル PART②】
このカモメも笑う!大爆笑!
何がそんなに面白かったのか、気になるところだ。

【アライグマのランチ】
アライグマのご飯タイム。
すると、一匹だけミルクに潜るアライグマが…つられてもう1匹もミルクに潜水。
一体 何が目的だ?

専門家によると何かを探しているのだという。
しかし、ミルクの中だと何も見えないため、手探りで探す。
そして、なかなか見つけられずに、何度も繰り返しているのだとか。
だが結局、何も見つからなかった。

【眠気と闘うアニマル 果たしてその結末は…?】
動物園のミーアキャット。
こいつは今、猛烈な眠気と戦っている。
動物園なので天敵はいない。
起き続けていなければいけない理由は…無い。

でも、客をおもてなしする態度は、見せる必要がある。
だが…寝た。
白目を剥くまで我慢して…寝落ち。
客が喜ぶ、非常にエンターテイメント性がある寝方だった。

【犬が見せるアンビリバボーな行動とは?】
プールの中から飼い主が犬を呼ぶ。
まず、黒い大きな犬が先にプールに入った。
すると…小さな犬が、黒い犬の背中にジャンプ!
落ちることなく見事に着地!
で、そのまま移動!ちゃっかりしてる。

飼い主に近づきたい、でも濡れるのは嫌だ。
そんな思いから、こんな行動に出たのかも?
それにしても泳ぎ続ける黒い犬、実に優しい。

【猫っぽい猫と犬っぽい犬】
これは猫っぽい猫と、犬っぽい犬の映像。
猫は食べ物を落とし、犬はそれを拾って食べる。
上から目線な猫特有の行動と、目先の興味に心奪われる、犬特有のいいやつな感じ。
猫っぽくて、犬っぽい、そんな瞬間だった。

【まさかライオンが…カメラが捉えた驚愕の瞬間】
ライオンのまさかの瞬間が記録された。
カバに近寄るライオン…それに気づいたカバが起き上がると、逃げ出すライオン。
そして、逃げるライオンにカバが噛み付いた!

ちょっかいを出したのはまだ若いライオン。
遊びのつもりだったのだが、それが逆鱗に触れた。
カバは怒って反撃、噛み付いた!
体重150キロはあるライオンを咥えたまま、軽々と振り回す。
ものすごいカバパワー!恐るべし!

実は、カバはとても縄張り意識が強く、アフリカではどの動物よりも、カバに襲われ命を落とす人が圧倒的に多いという。
不用意に近づかない、それが身を守る最大の術なのだ。

【絶対放したくない 食い意地が張った子猫】
落ちていたお肉を拾った子猫、絶対に離したくない。
放す素振りすらない。飼い主を睨んでいる。
完全な臨戦態勢だ。
下からお肉を引っ張っても離さない。

そして…宙ぶらりん。
頑張りに免じて、この後ゆっくり食べさせてもらいました。

【吠え合う犬にまさかの瞬間 その時彼らは…!】
門を挟んで吠え合う犬たち、すると…門が開き始めた。
これなら直接攻撃が可能だ。
しかし、決して向こう側へ行こうとしない。
どういうことなのか?

実は、犬は本心では敵に接触したくないのだと専門家は言う。
これは、安全な場所で強気に出たいという、犬特有の行動。
まさに負け犬の遠吠え。
門が全開になり、相手が来そうになると…尻尾を巻いて逃げ去った。

【専門家もびっくり!超貴重映像 川を渡るヒグマ】
懸命に泳ぐのはヒグマ、背中に子供を乗せている。
これは世界で初めて確認された、非常に貴重な映像である。

実は、泳いでいるのは、大きな川。
落ちれば子熊は溺れて死んでしまう。
熊が背中に子供を乗せて川を渡る例は、これまで報告がないと専門家は言う。
陸上なら稀に見かける、子供を背負うヒグマの姿。
しかし、水の中となると全くもって予想外だという。
果たして辿りつけるのか?…無事対岸へ、親子は新天地に到着した。

【愛犬と飼い主 幸せな時間に訪れた悲劇】
愛犬と走り回る幸せな時間。
だが…転倒。
愛犬が飼い主のカーブを阻止する形に…柱に激突する飼い主。
悪気はないと信じ、笑って許す。
心配そうに見つめる愛犬だった。

【牛のアンビリバボーな行動】
男性に近づく牛。
そして…食べ物をねだるわけでもなくただただ懐いてしまった!
男性もまんざらではない様子。
そして…牛は男性を枕に熟睡。

【まばたき厳禁 モルモットの瞬間芸】
柵の中にいるのは、モルモット。
すると、ハイジャンプをして、柵を飛び越えた!
軽々とした身のこなし!運動能力が高い!

実はモルモットは犬ぐらい頭も良く、これくらいの技はすぐに覚えてしまうという。
モッフモフのジャンプ、可愛すぎる。

【ほっこり映像 チャボが温めていたのは…】
家畜のチャボが温めているのは…生まれたての子猫たち。
卵を回収した飼い主が子猫を置いたら、代わりに温め出したという。
温めたかったチャボと、あったまりたい子猫。
両者嬉しい、いい関係だ。

【犬と赤ちゃん このあと何が? 意外な結末】
これはワンちゃんのある決断の瞬間。
赤ちゃんは、ワンちゃんを踏み台にして、冷蔵庫を開けた!

食べ物を取り出したい赤ちゃん…その様子を伺うワンちゃん。
そして、赤ちゃんが冷蔵庫のほうに体重をかけると、ワンちゃんは、赤ちゃんを置き去りにして立ち去った。
思わぬ裏切り! 意外な結末だった。

【思わずほっこり 子像を襲うハプニング】
鳥を追いかけ回す子象。
で…滑って転んで、ママのもとへ一目散!
ほっこり映像でした。

【恐怖の瞬間!サメが襲撃 一体どうする…?】
魚にモリが刺さった!だが…サメがやって来た!
サメは2匹…ダイバーは、急いで獲物を引き上げる。
すると、獲物に歯型がついていた!
サメの獲物を横取りしてしまっていたのだ!

獲物はキハダマグロ。
この辺りではお目にかかれない上物。
だがマグロも必死、モリが刺さったまま逃げ回る。
サメとマグロと私。
誰が何を狙っているのか、めまぐるしい三つ巴に。

本来、モリを放ったら、船に上がってヒモを巻き上げるのが常道。
しかしマグロは珍しいので、釣り人はこの手で確実に捕まえたい。
だが、ひもが絡まれば引きずり込まれる。
次の瞬間、サメが襲ってきた!
絶体絶命!

すると、襲い来るサメの鼻先にパンチ!
実は鼻先はサメの急所、なのだが…逃げないサメ!
そこでやむなく…ナイフでサメの鼻先を刺した。
傷つけたくはなかったが仕方ない。
刃物にひるみ逃げていくサメ。
ついにサメを撃退、マグロをゲットした。

【人と動物!不思議な絆? 毛づくろいする猿】
これ、猿の毛づくろい。
ただ、こいつは毛をつくろう前に1回叩く。
毛づくろいは親愛の印。
この子は飼い主さんが大好きなのだ。
でもつい叩いてしまう。

実は猿の毛づくろいに決まったやり方は無く、猿それぞれに癖があるという。
この猿は叩くタイプ。
相手は人間、虫はいない。
いや、つくろってもらう体毛すらない。
それでもやめない…よっぽどご主人様が大好きらしい。

【実は幸運!? クジラに遭遇したサーファー】
カイトサーフィンを楽しむ男性。
すると、男性はあるものに乗り上げた!
それは、呼吸をするため一瞬浮上したクジラ!
まさか大海原であろうことかクジラに乗り上げるとは!

狙ったわけではさらさらなかったが、怒って追いかけてきたらたまらない。
男性は、大慌てで逃げた。

【マネをしないで下さい 放り出される〇〇】
トラックの荷台からこぼれ落ちるのは…牛。
いくら丈夫な牛でも、いきなり荷台から放り出すのはあんまりだ。
牛に怪我はなかったが、運転手は叱られた。

【どうしても〇〇したい もの思う豚】
もの思う豚。
すると…柵の上に上がった!
彼が考えていたのは脱出ルート!

再び、もの思う豚…ここはどう降りるか?
そして、思い切って、飛んだ!ついに脱出成功!
彼は思った…飛べない豚は、ただの豚だぜ。

【ボールを取りたい犬 一体どうする?】
ラグビーボールが気になる犬。
どうしたものか?
取れそうで取れない…そして、試行錯誤した結果、get!

なのに、うっかり落としちゃった。
慌てるワンちゃん。
もう一度チャレンジ、そして再びget!
諦めなければ、必ず成し遂げられると身をもって教えてくれた。

【一緒に吠える】
子供とワンちゃん…仲良く一緒に吠えたい2人。
でも、子供が咳き込んだので中止。
ワンちゃんは、心配そうに見つめる。
そして、再開!
とっても楽しそう!息ぴったりな二人でした。


Close×