食べ過ぎで増え続ける体重! 肥満女子が愛の大変身!?

食べ過ぎで増え続ける体重! 肥満女子が愛の大変身!?


これは、ある一組のカップルが世間をあっと言わせた、アンビリバボーな変身の物語である。
今から13年前、インディアナ州テレホートに住むレキシーは、まだ17歳だというのに恋をすることをあきらめていた。
というのも…身長168センチにして、体重は130キロを超えていたからだ。
母親がまったく料理をせず、食事といえば、カロリーが高いファストフードばかり。
恋愛など自分には縁のないものと思っていた。


ところが、友人の紹介で、一人の男性と出会った。
男性の名は…ダニー・リード。
明るく優しい彼に告白され、交際がスタートした。
交際は順調に進み、社会人になると同棲をはじめた。
レキシーにとって、願ってもない彼氏。


そんなダニーもまた…食べることが好きだった。
レキシーといると、その量はどんどん増え、食べ放題のレストランでは、気分が悪くなるまで食べ続けるほど。
家では全く料理をせず、ジャンクフードを食べて過ごす生活。
その結果…ダニーは、身長173センチ、127キロと立派すぎる体格に!
一方、レキシーも…24歳を過ぎると220キロを超え、体重を支える膝は関節炎になった。


それでもダニーはありのままのレキシーを愛し、ついにプロポーズ!
もちろんレキシーの返事はOKである。
結婚しても二人の生活は変わらず、一緒に好きなだけジャンクフードを食べまくっていた。
体重が200キロを超えていても、愛してくれる夫とめぐり逢えたレキシー。
幸せな結婚から2ヶ月、レキシーはずっと目をそむけてきたあることに気づき始めた。


そして、レキシーはダニーにダイエットをすることを宣言した!
レキシーが目を背けてきたこと、それは…一度もダニーと普通のデートをしていないこと。
レキシーの体型では 座席に座れないという理由で、一度も一緒に映画を見に行ったことがなかった。
普通のカップルなら当たり前に楽しむ、ハイキングやスポーツなども一緒にしたことがなかったのだ。
レキシーはハリー・ポッターが大好きで、ユニバーサルスタジオへ行くことが夢だったのだが…今のままでは、飛行機はおろか、アトラクションにも乗れないのだ。


こうして二人のダイエット大作戦が始まった!
今まではジャンクフードを中心に、各々が1日にLサイズのピザ6枚分にも相当する、およそ8000キロカロリーを摂取していた。
これは一般的な成人女性の摂取量の4倍以上である。


そこでレキシーは、まず摂取カロリーを減らすことを考えた。
規則正しい食生活も心がけ、三食を手作りで用意。
朝食は、タマゴ料理や少量のソーセージに加え、野菜を摂ることを心がけた。
昼食にピザを食べることもあるが、生地は小麦粉ではなく、カリフラワーをすりつぶしたもので代用するなど、ヘルシーレシピも研究した。


夕食には、野菜を付け合わせにチキンやシュリンプ、サーモンなど、脂肪の少ない肉や魚を。
たまに利用するテイクアウトでは、巻き寿司を注文。
炭水化物の摂り過ぎに気をつけ、ご飯は少なめにとオーダー。
開始当初の摂取カロリーの目標は、一日 1800キロカロリー。
慣れてからは、1500キロカロリーを目安にした。


さらに 食事制限に加え、運動も始めた。
自らに週4日、30分のウォーキングを課したのである。
ジムでのトレーニングにも取り組んだ。
1回30分を週5日。


また、こんな イマドキな方法も!
撮った画像を、SNSにアップ。
アカウント名は、『うんざりしたおデブ女子』。
ネット上に公開することで自分を追い込み、モチベーションを維持するためだ。


効果はまたたく間に表れた!
レキシーは最初の1カ月で9キロの減量に成功!
それ以降も努力を続けた分だけ、確実に体は変わり始めた。
ダイエットに取り組む真剣な姿が共感を呼び、フォロワーはどんどん増えた。
その数、なんと75万人!(2016年当時)
ダイエット女子として、すっかり有名人になったのである。


ダイエット開始から1年半。
ダニーは驚くべき変化を見せた。
体重が127キロから86キロに!
そして、レキシーは体重226キロから、85キロに。
なんと141キロの減量に成功!


さらに、ダイエットに成功したことで、彼女は 夢も実現した。
座ることが難しかった飛行機の座席に余裕で座り、向かった先は…そう、憧れのハリー・ポッターの世界、ユニバーサルスタジオへ行くことができたのである!
ダニーと一緒にアトラクションの座席に座り、ハリー・ポッターを満喫した。
ダイエット大作戦を通じて、夫婦としての絆がますます深まったという。
愛する人の幸せを願う気持ち…それこそが、より大きな幸せを掴む原動力なのかもしれない。


ダイエットに成功し、世間をあっといわせた二人。
レキシーさんは、こう話してくれた。
「痩せたことで、全然違う生活が送れるようになりました。太っていた時は、いつも息切れし 疲れていました。今は それもなくなり、出来なかった事が全部できるようになったんです。」
トレッキングやアスレチック、サイクリングなどのアウトドアスポーツ。
他にもジェットスキーやトランポリンなど、重量制限があって今まで出来なかった事が全部できるようになったという。


しかしその一方で、急激な減量には、大きな代償があった。
それは…伸びきった皮膚。
お腹の皮は元に戻ることはなくたるんだまま…そこで、余った部分の皮膚を手術で切り取ることに。
術後は、傷の痛みに襲われたレキシーだったが、SNSにこの手術の事も包み隠さず投稿。
すると、投稿を見たフォロワーから、ダイエットノウハウを教えて欲しいというコメントや、刺激をもらったというコメントが殺到!


肥満に悩む人が沢山いる事を知ったレキシーは、ダイエットのノウハウを伝える講演活動を始めた。
レキシーは、それまで勤めていた法律事務所を退職、ダイエットに悩む人たちを応援する仕事を始めた。
参加費を払ってエントリーする、ダイエットプログラムも企画。
4週間で一番痩せた人に、参加費の総額を賞金として贈呈。
肥満に悩む人のモチベーションを高めるのが目的だ。
ダニーもまた仕事をやめ、肥満に悩む数多くの人たちを幸せにしたいと、レキシーの活動のサポートに回ることを決意した。
夫婦は二人三脚で、毎日を忙しく過ごしている。
もちろん、二人でのトレーニングは今でも欠かさない。
かつてはお互いの幸せのために続けていた努力…今はその経験とノウハウで数多くの人を幸せにしている。


レキシーさんは最後にこう話してくれた。
「人生は変えられるものだということを知って欲しいんです。困難な事でも、諦めないで続ける事が大切だと思います。誰かのためになら頑張れる! 私にはダニーがいたからできたんです。小さな努力の積み重ねは、必ず大きな結果に繋がると思います。」


Close×