アニマル好きすキス!新年あけましてかわいすぎて幸!

アニマル好きすキス!新年あけましてかわいすぎて幸!


【リアクションが正直な猫】
猫が寄ってきたので、ポテトチップスの塩を舐め取って与える。
すると…匂いに顔をしかめ、吐きそうになった。
塩分は良くないと、思いやりでとった行動なのに…このリアクション。
笑ってはいるが…飼い主の心は傷ついた。


【欲張りビーバーの意外な結末とは?】
木にかじりつくアニマル…ビーバーだ!
ビーバーは木の枝や石などで巣を作る。
それにしても太い枝…もはや幹だ!
実はビーバーは最大30Kg程度のものなら運べる力を持っている。
今回も大物を狙っているのだろうか…。
ここまでかじるのに30分ほどはかかるだろうと専門家はいう。
ビーバーが木をかじる理由はいくつかある。
ダムや巣の建設に使う他に、木の皮を食料として保存したり、伸び続ける前歯の手入れに使ったりもする。


熱心なビーバー…ただ、だいぶかじったのにビクともしない木。
そもそもこんな太いものを倒すことはできるのだろうか?
すると…自らの重さに耐えきれずに折れた!
ついにビーバーは木を折ることに成功!
最初からこの倒し方を狙っていたのだ!
すると…あっというまに小枝をかじり取り、小枝だけを持ち去った。
専門家によると、おそらく運びやすいサイズにして、何度も往復するつもりなのでは?とのこと。
実はビーバーの巣作りは、これで完成ということがなく、絶えず補修保全を続けるのだという。
生きるって大変だ。


【賢すぎ!おやつを食べちゃった犬】
目の前におやつを置かれ「待て」と言われた犬。
食べちゃった。
すると…自力で引き出しを開け、別のおやつをセット。
しかも、引き出しが開いていることに気づき、ちゃんと締めるというぬかりなさ。
戻った飼い主に褒められて、2個目のおやつゲット!
まさに思惑通りの展開。


【こんなの見たことない!? ○○パンダ】
パンダが…楽しそう!
木にぶら下がってご機嫌なのだ。
珍しいので写真を撮る人間たち。
足をピ~ンと伸ばし…ご満悦。
はにかんだようないい笑顔!
上機嫌なパンダだった。


【忖度!フナガモにビビる○○】
これは飛べないカモ、フナガモ…気性が荒い。
なので、気を遣うペンギン。
カモの機嫌がいいうちに、静かに立ち去った。


【キュン! ○○が大好きな犬】
寝室に監視カメラを設置し、早回しで検証してみた。
窓からの日差しが時間とともに移動する。
この映像から導き出された結論、それは…「この子は日向ぼっこが大好きだった」てこと。
窓から差し込む日の光を追って移動、そしてずっと寝てる。
留守中何してんのかなぁ?と思っていたが、なんか安心した飼い主だった。


【監視カメラに映ったのは…】
こちらも、留守中のペットの様子が見たくて監視カメラを設置。
リモートで動かしてみたがペットが見当たらない。
すると…いた! 監視カメラを監視!
なんか、怒ってた。


【柵を乗り越えたい子犬の意外な結末とは?】
フェンスを登るワンちゃん、超えられそう!
しかし…モジモジしていたら、別の犬にあっという間に追い抜かれちゃった!
あ~あ、残念!
いつか、ああなれるといいね。


【爆笑!子犬がとった意外な作戦】
猫にやられ、立ち去るワンちゃん…猫の勝ちかと思ったら…やられたワンちゃんが大きな犬を連れてきた!
ていうか、乗り気じゃない大きな犬を後ろから押している。
猫の仕打ちに腹に据えかねたのだが、自分じゃ無理なのは理解していた。
そこで気づいたのがこの犬の存在。
つまり、やられたらやり返す!犬返しだ!
だが猫は…相手にしなかった。


【いつも元気! 木を折りたいパンダ】
毎度おなじみ木の上のパンダ。
だが、今回のパンダは一味違う。
木を折るつもりなのだ!
なんとも危険な挑戦!果たして…。
やった!かじって引っ張り、木を折った!
だが…口から木を離したら、木がおでこに当たってちょっと痛い。
そして、折った木を調整。
片方を引っ掛けて横棒として利用し、さらに上を目指すパンダ、元気すぎる!


【ハイエナ VS ツチブタ 意外な結末とは?】
草原に住みアリなどを主食としているツチブタ。
名前はブタだがブタとは違い、舌で獲物をとる、おとなしいアニマルだ。
そんなツチブタにピンチが訪れる。
ハイエナが狙っているのだ!
逃げるツチブタ!追うハイエナ!
すると、突然ツチブタが消えた!
戸惑うハイエナ。
一体どういうことなのか?


実はツチブタは、間一髪、土の中へ潜ったのだ!
ツチブタが潜ったのは危機を見越して、あらかじめ掘っておいた穴。
ツチブタは地中に穴を掘って巣にしている。
巣穴にはいくつかの出入り口があり、危機が迫るとそのどれかに潜り込むのだ。
また、巣穴とは別に危機回避用の穴を各所に掘ることもわかっている。
ツチブタはそれらの穴を使って見事逃げ切ったのだ!
地面を掘ってみるハイエナ。
だが、さすがのハイエナも穴の中までは追えず、その場を去るしかなかった。


【脅威!〇〇に張り付く猫】
猫が見上げた天井には、布が張られている。
そして、狙いを定めて猫がジャンプ!爪を引っかけ、ぶら下がった!
だが、猫のミッションはまだ終わらない。
ぶら下がりながら進み、布の裏へ!見事な爪の力!
飛び降りるという選択肢もあっただろう…しかし猫はやりきった!
猫ってすごい!ただ、幸運だったのは…布が外れなかったことだ。


【なぜ!? 〇〇に固執する犬】
犬がくわえているのは、ぬいぐるみの尻尾。
当然ながら、ぬいぐるみと尻尾は繋がっている。
板の隙間から尻尾だけ出ているのだ。
上からぬいぐるみを咥えれば、尻尾も付いてくるのに…だがこのワンちゃんにはわからないようだ。
どうしても尻尾だけ欲しい犬だった。


【癒されすぎる! 小ガモとお花の帽子】
お花の帽子が可愛い子ガモ。
でも子ガモはうつむきがち…確かに鏡もないし、子ガモには可愛さがわからないのかも。
それとも気に入らないのかなぁ?と思っていたら…眠かったようです。


【大物がヒット! 釣れたのは…】
釣り人がアンビリバボーな大物をヒット!!
引き上げたのはワニ!
ルアーは口ではなく、背中に引っ掛かっちゃったのだ!
ルアーの針なんか痛くも痒くもないワニ。
だが、自分の意思とは無関係にスーッと水上に引っ張り上げられたので、不愉快だ。
なのでその場を去ろうとする。
リールを巻いてはみたものの…逃げられた。
だが、これで良かった。


【家を散らかした犯人は】
ペットのいたずらに、相当怒っている飼い主。
飼い主をここまで怒らせた張本人は…真っ暗な風呂場のバスタブの中に隠れていた!
小さくなって、すっかり反省しているリチャードくん。
飼い主を見つめてみるが…なにをやっても無駄、飼い主は怒っている。
犬が生唾を飲み込むほどめっちゃ怖い飼い主だった。


【いた!こんな所に猫】
これは、猫の口元。
つまり、猫は犬の下敷きになって寝ていた。
だが…まるで何事もなかったかのように落ち着き払っていた。
こうありたい。


【どうなる!? 民家に迷い込んだ子グマ】
ベランダに子グマが迷い込んだ!
家の中に興味津々の子グマ。
すると、母クマが登場!
母グマは子グマを連れて帰ろうとしている。
「勝手に入っちゃご迷惑でしょ!」とでも言いたげな感じ。
聞き分けのない子グマに、噛み付いて引っ張る母グマ。
そして、子グマも納得して母と共に去っていった。


【爆笑!ロバに起きた悲劇】
リヤカーで建築資材を受け取りに来た男性。
リヤカーを引くのはロバ。
ロバは体は小さくても足腰が強いので、重たい荷物も引いてくれる。
だが、資材をリヤカーに乗せると、ロバが浮いちゃった!
このリヤカーは二輪車で、車輪の後ろのほうが長かった。
そこに重みがかかって…傾いちゃったのだ。
ロバは、いくら引く力があっても、こんな状況では手も足も出なかった。


【リスのピーナッツ奪取大作戦】
リスが見ているのは、張られた糸に結ばれたピーナッツ。
リスはピーナッツしか見ていない。
どうやら糸に気づいていないようだ。
そして、宙に浮くピーナッツにジャンプ!
ピーナッツは取れなかったが、収穫はあった。
糸の存在に気づいたのだ!そして、ピーナッツをゲット!
わざわざ不安定な糸の上で食べないで、降りて食べればいいことにも気付いた。
たくさん学べたリスだった。


【あるある!? 自分を〇〇する猫】
猫が自分の足を舐めてたら…自分で自分をキック!
猫 いいねぇ~。
専門家によると、この猫はアゴが痒いみたいです。
猫 いいよねぇ~。


【意外!実は〇〇な子象】
飼育員に近づく子象、懐いてる…と、思ったらキック!
実は相当怒ってた!


【運転席でたそがれる犬】
こっちは運転席でたそがれる犬。
彼もなぜか不機嫌だった。


【憎めない! 〇〇する猫】
みんな大好き、猫のこんな瞬間をどうぞ。
外が気になって、窓ガラスに激突!
こういうところも含めて、私たちはみんな猫が大好きです!


Close×