実録!他人事ではない! 日本の衝撃事件

実録!他人事ではない! 日本の衝撃事件


密室に侵入した男! 驚愕の手口


数年前、その女性は地方都市で小料理屋など数軒の飲食店を経営していた。
誰にでも優しく、気さくに接する彼女目当てに通う常連客も多かった。
彼女は独身で、マンションで一人暮らしをしていた。
だが、この時はまだ知らなかった。
恐ろしい魔の手がすぐそばまで忍び寄っていることを。


ある日、仕事を終え、帰宅したときのこと。
普段からドアのカギをはじめ、戸締まりには気をつけていたのだが…家に男が忍び込んでいたのだ!
その男には、見覚えがあった。
部屋に浸入していたのは、何年も前から店に通う常連客だった。


その常連客は独身で、いつも愛想よく接してくれる彼女に恋心を抱くようになっていた。
しかし、彼女にとってはただの常連客の一人。
特に恋愛感情などなかった。
だが、男は勝手に想いを募らせ…好意を伝えるメールを送るようになった。
一方、彼女は冗談を交えたちょっとした社交辞令だと思い、はっきりと拒絶しなかった。


すると、男は脈があると思い込んだ。
だが、当然のことながら、2人の関係は特に進展することはなく、彼は悶々とした日々を過ごしていた。
やがて、こんな考えを抱くようになった。
「もしかしてオレの他に、男がいるのか」
交際相手がいるのではと勝手に疑った男は、ある行動に出る。


彼女が住んでいるマンションをつきとめると、彼女が住むマンションの一室に引っ越すことにしたのだ!
入居するとすぐに…部屋のベランダに小型カメラを設置、彼女が出入りする様子を監視するようになった。
目的は、交際している男がいないか確認するため。


数日後、彼女が男性といるところを目撃。
男は、一方的に裏切られたと思い込み、罰を与えようと決意。
密かに彼女の部屋に忍び込んだのだ。


男はスタンガンと手錠を用意していた。
彼女に激しく拒絶された男は、怯んだ様子を見せ、そのまま部屋から逃走。
彼女は軽いけがをしたものの、ことなきを得た。
通報を受けた警察は、マンション近くのコンビニで逃走した男を発見、逮捕した。


常連客の男は、浴室の点検口から部屋に忍び込んでいた。
実は、男が彼女のマンションについて調べた時…空いていた部屋は、彼女の住む部屋のちょうど真上だった。
そして、その部屋に引っ越した男は、身勝手な復讐を決意。
自分の部屋の浴室の点検口を見て、とんでもない策略を思いついた。


部屋の浴室の床に穴を開ければ、真下にある彼女の浴室の点検口から、忍び込めるのではないかと。
男は、女性が留守の時間に電動ドリルやノコギリを使い、10日間かけて慎重に穴を開けた。
そして浴室の点検口から侵入、待ち伏せしていたのだ。
裁判で常連客の男には、懲役3年6カ月が言い渡された。


部屋の床に穴を開け、真下の浴室に侵入するという、前代未聞の手口。
対策はあるのだろうか?
一般社団法人 日本防犯学校 学長の梅本正行氏は、今回の手口そのものが、マンションなどにおける通常の防犯対策の想定を超えたものであることを強調した上で、入居者ができる対策として、こう話してくれた。
「センサーを付けると、とってもいいと思います。何者かが侵入者があった場合に、その侵入者をキャッチしてその情報をスマホや何かに送ってくる。場合によってはその現地で(警報の)音も鳴らす。それもできるセンサーがありますから、そういったモノを活用する。」


ただし本来の使い方ではないので、注意が必要。
センサーは湿気に弱いため、湿気に注意した上で脱衣所などに設置し、浴室の扉を開けておけば、点検口からの侵入者にも対応できるのだという。


歪んだ愛が引き金となった、侵入事件。
通常の防犯対策の想定を超える犯行にも目を向けるべき時代なのかもしれない。


部屋に侵入した男! 身近に潜む意外な落とし穴


数年前、一人暮らしをしていた女子大生が、住んでいた部屋に帰宅したときのことだった。
ドアのカギが開いていた。
おかしいと思いながらも部屋の中に入ってみると…クローゼットの扉が開いており、下着をしまっているケースが乱されていた。
さらに…クローゼットの中に男が隠れていたのだ!


次の瞬間、男はその場から逃走。
女子大生は危害を加えられることはなかった。
部屋に侵入した男は、逃げきれないと思ったのか、まもなく警察に自首、逮捕された。


男は下着を盗む目的で侵入していたが、その手口は驚くべきものだった。
犯人は女子大生の部屋の合鍵を持っていたという。
実は、犯人は事件前、アパートの管理会社の人間を装って、女子大生の部屋を訪れていたのだ。
そして、防犯のために鍵を確認したいと言って、鍵の番号を控えていた。


実は、ここに落とし穴が潜んでいたのだ。
多くの人は気にとめていないが、メーカー純正のほとんどの鍵には、番号とアルファベッドの組み合わせなどが刻まれている。
日本ロックセキュリティ協同組合 理事 矢郷力氏はこう話してくれた。
「鍵に刻まれている番号とアルファベットは、その鍵の形状を示す大事なID、情報源となっています。そのメーカー名と番号、アルファベットを正確に伝えることで、全国、どなたでも正確に製造された鍵を入手することができます。もしも悪意を持った人に鍵番号等を知られてしまうと、正確な鍵をいとも簡単に入手されることになってしまいます。」


男は女子大生の部屋の鍵に刻まれている番号を使って、インターネットで合鍵を注文、入手していた。
現物がなくても、番号とアルファベットを伝えることで、同じ鍵ができる。
こうした合鍵づくりは、その手軽さもあり、現在もネットなどで行われている。
女子大生の部屋に侵入した男は、他の3件の余罪も含め、住居侵入などの罪で懲役2年6カ月、保護観察付き執行猶予4年を言い渡された。


現在、鍵をつくるのに本人であることの確認は行えないのが実情だという。
なぜなら…個人情報と鍵の情報とを関連付けて管理するには、高度なセキュリティシステムが必要となるのだが、そのデータ管理をメーカーなどが行うのは、非常に困難だからだ。
では、私たちはどのように身を守ればいいのか?
番号やアルファベットを使って、不正に合鍵を作られないようにするためには、そもそもカギの番号を見られないようにすることが重要である。
そのために便利なものとして、ナンバーを隠すカバーがある。
元々、ファッションの一部として使われることが多いのだが、取り付けることで盗み見られる可能性は格段に減る。


また、カギのメーカーも独自の対策を行っている。
各錠前製造メーカーは、ID認証システムというものを導入しているという。
これは鍵番号とは別にIDカードなどを配布して両方の番号がないと合鍵をつくれない。
さらに最近では、スマートフォンを使ったり、ICカードを使ったりといった、従来の鍵の代わりになるスマートキーと呼ばれるモノがあり、紛失や盗難にあっても簡単に鍵を無効化できるため、安全性も高いと言われている。


いずれにせよ、カギにまつわる情報は慎重に扱い、他人に決して知られないようにする。
それが身を守る上で、最も重要であることに間違いはない。
ふとした油断から、いつ悪意を持った人物に利用されるか、わからないのだから…。


恋人の知られざる素顔


今から10年ほど前、関東地方のある街で、その女性は土屋孝秋という男性と同棲していた。
この日、彼女は彼の古い免許証を見つけた。
そこに書かれていた名前は「伊野圭一」。
彼の名前は土屋孝秋、全く違う名前だった。
彼は仲間と小さな会社を経営していたのだが、最近、家を留守にすることが多くなり、彼女は不審に思っていた。


なぜ、名前が違う免許証があるのか?
何か個人的な理由があって名前を変えた可能性もあると感じた彼女は、彼に直接聞くことができなかった。
彼は、会社の経営がうまくいっていないらしく、借金の支払いに追われている様子だった。


彼が入浴している間に、彼の財布を確認してみると…彼女に名乗っている名前、「土屋孝秋」の免許証が入っていた。
名前の異なる2つの免許証。
彼の借金、不審な言動…それらは名前の違う古い免許証と何か関係があるのか?


彼女は自分が何か事件に巻き込まれるのではないかと感じた。
そして、意を決して警察に相談。
相談を受けた警察は、独自に捜査を開始。
すると、とんでもない事実が発覚。
警察は男を逮捕したのだ。


警察によると、彼の本当の名前は『土屋孝秋』ではなく、古い免許証に書かれていた『伊野圭一』だという。
そして…『伊野圭一』は、8年前に死亡しているという。
一体どういうことなのか?


それはまだ2人が同棲を始める前のこと。
伊野は、会社の資金繰りがうまくいかず、借金をかさね、追い詰められていた。
そんな時、突然、驚くべき計画が脳裏に浮かんだ。


伊野は自分の会社を受取人とする生命保険に加入。
そして数ヶ月後…実在する医者の名前を使って、自分が心筋梗塞で死んだという死亡診断書を巧妙に偽造、役所に死亡届を出した。
そう、伊野の計画は仲間と共謀し、自分が死んだことにして保険金を手に入れるというものだった。
その目論見はまんまと成功。
およそ9000万円もの保険金を会社の口座に振り込ませた。


ところが…その後も会社の経営はうまくいかず、あっという間に経済的に困窮。
そして次なる犯罪に手を染める。
伊野は戸籍上 死んだことになっていたため、借金ができなかった。
そこで考えた打開策が、他人になりすますことだった。


新聞に社員募集の広告を出し、なりすます人物をおびきだした。
こうして採用したのが、土屋孝秋さんだった。伊野は土屋さんを会社名義のアパートに住まわす一方、採用するに当たって入手した個人情報などを利用して、土屋さんになりすましたのだ。


言葉巧みに住民票や健康保険証などを預かり、土屋さんの名前で運転免許証を不正に取得。
そしてこれらを利用し、土屋さん名義で再び借金を繰り返したのだ。
だが、その間も経営はうまく行かず、借金は膨らむ一方。
間もなく土屋さん名義でも、お金を借りるのが難しくなってきた。


そんなある日、伊野は土屋さんを役員に昇格させた。
そして、役員は会社にとって家族のようなものだと話し、会社が受取人の生命保険に加入させた。


伊野は、これ以上 借金ができなくなったとわかるや、土屋さんが住むアパートの一室で、ロープで首を絞めて土屋さんを殺害。
その後、遺書を偽造するなど巧妙に偽装工作を行った。
結果、警察は自殺として処理。
伊野はまたしてもまんまと保険金を手に入れたのだ。


伊野は土屋さんを殺したあと、また新たに成りすます人物を見つけるつもりだったとみられる。
すべては計画通りだったが、伊野は自分の本当の名前に未練があったのか、昔の免許証を残しておいた。
彼女が伊野の古い免許証を見つけなければ、全ての悪事は発覚することはなかった。
彼女が思い立って取った行動が、結果的に次なる犯行を未然に防ぐこととなった。


裁判で伊野と仲間はともに殺人と詐欺の罪に問われ、主犯の伊野には無期懲役。
共犯の仲間には懲役20年の刑が下された。
あなたの「大切な人」は、なりすましではないと、言い切れますか?