番組の進行を務めるMCや、特集や企画をプレゼンする“プレゼンター”が、番組を振り返りながら、失敗談や裏話を明かす「とくダネ! 大反省会」。第5回は、梅津弥英子アナ(MC)と、10月から新加入した新人の海老原優香アナ(MCアシスタント)が登場!
「新人なのに堂々としている」と梅津アナも太鼓判を押す海老原アナですが、ご自身には意外な悩みもあるようで…。今回は、どんなエピソードが飛び出すのでしょうか?

<プロフィール>
梅津弥英子アナ(MC)
2000年フジテレビ入社
東京都出身、O型。
趣味は「子育て(?)、アクセサリー作り」

海老原優香アナ(MCアシスタント)
2017年フジテレビ入社
東京都出身、B型。
趣味は、「旅行、食べ歩き、スノーボード」

vol.2 視聴者の方の書き込みを見て反省しました(苦笑)

梅津 将来はどういうアナウンサーになりたいの?

海老原 入社する時に言ったのは「自分の言葉で、今あることを分かりやすく伝えられる人になりたい」ということです。私は言葉に興味があったからアナウンサーを目指しましたし、「とくダネ!」はそれができる番組だと思っています。原稿をただ読むのではなく、(特集や企画を取材しプレゼンする) “プレゼンター”として、自分で調べたり、取材に行ったりしてものを伝えることもできますから。

梅津 そう。でも、そのためには、現場に行かないといけないんだけど、そこは痛しかゆしというか、最初からMCアシスタントとしてスタジオにいるというのは、すごいチャンスであると同時に、(取材などで外に出る)大きなチャンスを失っているともいえるんだよね。でもスタッフもそこは分かっていて、もう少し慣れたら、海老ちゃんに合ったロケに連れていきたい、と思っているみたいですよ。視聴者の方から、外での海老ちゃんも見てみたい、という声もあるそうだし、もっといろいろな顔を見たいな、って思います。

海老原 はい。ロケ…私は食べることが大好きなんですけど、やっぱり、番組で行ったら人気のお店でも並ばずに食べられるんでしょうか?

梅津 え、違いますよ! ちゃんと並びますから。

海老原 そうですよね(笑)。でも、食レポはぜひやらせていただきたいです。それから、学生時代にサークルで国連の勉強をしていたので、なかなか難しいですけど、海外取材にも行ってみたい、という夢はあります。

梅津 自分で一番ダメだと思うのはどんなところ?

海老原 適当な部分があることと…やっぱり、新人っぽさがあまりないってことでしょうか(苦笑)。いろいろな方から言われるんですけど、新人っぽさってどうしたら出るんだろうって。難しいですね…。

梅津 そう言ってるうちに新人ではなくなるものだし、あまり気にしなくていいんじゃない?

海老原 はい。でも、見えるところからってことで、ヘアメイクや髪型を少し幼く見えるように変えたりしています(笑)。

梅津 ふふふ。今後、視聴者の方には、海老ちゃんの笑顔以外の顔にも注目していただきたいよね。笑顔がかわいいのは分かっているので、それ以外の、「えーっ!」と驚く顔や、「そんなこと言われても…」と困るような顔が見られるようになったら、「お、番組に慣れてきたかな」と思っていただけたら。今はまだそんな顔はレアだよね? なかなか笑顔が崩れないから(笑)。

海老原 そうなんですよ、なんでも笑ってごまかそうとしちゃう…。

梅津 そうなの? それはダメよ(笑)。

海老原 視聴者の方からの「なんでも笑ってごまかそうとしてる」という書き込みを見つけてしまいまして。おっしゃる通りだ、と反省しました(苦笑)。

梅津 ネットの評判はあまり気にしないほうがいいと思いますよ。

海老原 (ニュースデスクの)笠井信輔さんにもそうアドバイスされました。でも、やっぱり気になってしまって…。

梅津 見すぎると気持ちがふさぎ込んじゃうんじゃない? 見るなら、一緒に見ようか?

海老原 ありがとうございます。でも最近は、少しずつ自分の立ち位置も定まってきたように感じているので、以前よりはそこまでプレッシャーを感じることも減った気がします。

梅津 ぐふふふ…。まだ分からないよ(笑)。突然、今日ロケに行ってプレゼンしろ、って言われることもあるから、この番組は。

海老原 そ、そうですね。今後、どうなっていくのか、私もつかめていませんが、20代の代表として意見を言えるチャンスがあればいいな、とは思っています。これからも、コツコツ頑張っていきますので、視聴者の方にも応援していただけたらありがたいです。

梅津 海老ちゃんの無防備でブサイクな顔が見られる日がくるかな(笑)。

海老原 ワイプで抜かれてる時の顔は、自分でも「マズい、マズい。ブサイクだ」ってことがよくありますよ。

梅津 まだまだちゃんとしてる。崩れてないです(笑)。マジメな話をすると、私、「とくダネ!」のカギを握っているのは、プレゼンターだと思っているの。プレゼンターのみなさんが、現場で手に入れた面白いネタや企画を、小倉さんや出演者にどんなパスとして出してくれるかが重要だと思ってて。みなさんすごく頑張って取材をしたり考えてくださっているので、小倉さん、出演者、コメンテーターという三角の関係を視聴者の方に楽しんでいただけたらうれしくて。その中で、海老ちゃんの笑顔以外の顔にもご注目いただけたら、と思っています!

Close×