番組の進行を務めるMCや、特集や企画をプレゼンする“プレゼンター”が、番組を振り返りながら、失敗談や裏話を明かす「とくダネ! 大反省会」。2018年最初となる今回は、笠井信輔アナ、梅津弥英子アナ、新人の海老原優香アナによる豪華な座談会を開催!
こちらに初登場の笠井アナは、女性陣にとって大先輩。ということで、お互い聞いてみたいことがあるようで…。一体どんなトークとなったのでしょうか?

<プロフィール>
笠井信輔アナ(「小倉が斬る」ニュースデスク)
1987年フジテレビ入社
東京都出身、A型。
趣味は、「映画鑑賞、舞台鑑賞」

梅津弥英子アナ(MC)
2000年フジテレビ入社
東京都出身、O型。
趣味は「子育て(?)、アクセサリー作り」

海老原優香アナ(MCアシスタント)
2017年フジテレビ入社
東京都出身、B型。
趣味は、「旅行、食べ歩き、スノーボード」

vol.2 「番組を盛り上げるための“引き金”になりたい」(笠井アナ)


梅津 笠井さん、海老ちゃんの呼び方は結局どうなったんですか?

笠井 「海老ちゃん」よ。

梅津 笠井さんの女性アナウンサーの呼び方にはいろいろあって、私のことは「弥英ちゃん」、森本さやかは「さやか」と呼ぶんです。呼び捨てなのは、さやかと仲がいいからかな、と思っていたら、次に入ってきた山中章子のことを「章子さん」と呼ぶというバリエーションで(笑)。海老ちゃんはどう呼ぶのかな、と気になっていました。

笠井 最初は、「海老」と呼んでいたんだけど、呼び捨てはかわいそうかな、と思って。

梅津 ん? じゃあ、さやかは?(笑)

笠井 さやかはいいの。呼び方は、年齢とか仲の良さには関係なくて、その人のキャラクターだったり、要するに感覚で決めているの。海老ちゃんは何て呼ばれたいの?

海老原 私は、海老ちゃんでいいです。


女性陣から見た、笠井さんの気になるところといえばどこですか?

笠井 何もないんじゃない? 僕は裏表がないし、あまりミステリアスではないので。

海老原 笠井さんがいつ寝ているのか、気になります。毎朝、誰よりも早く出社されていますし。

梅津 そうかも。私たちは、だいたい4時30分から5時に出社しますけど。

笠井 僕は、2時30分に起きて、3時30分には出社します。それは、(コーナーの)「小倉が斬るニュース」のデスクを兼任していて、ニュース原稿を書くからなんです。

海老原 番組が終わってお昼を過ぎても、アナウンス室でカタカタとパソコンを打っていらっしゃるので、どんな生活をされているのかなって。

笠井 よく「お昼には帰れるんでしょ?」と言われるけど、そうはいかないよね。もちろん、いつまでも働いているわけではないし、帰れる時は帰るけど。

梅津 笠井さんは、仕事もプライベートも全部含めて“笠井さんの人生”になっている気がします。今、一番幸せを感じるのはどんな時ですか? 映画や舞台を観ている時ですか?

笠井 家族で笑い合いながら話している時かな。

海老原 ああ、それは幸せですね。

梅津 ホント~。でも、ちょっと意外かな(笑)。

笠井 家族(奥様と社会人、大学生、中学生の息子さん)が集まると、ケンカになることも多いから、みんなで笑って過ごせる時間は貴重なのよ。

梅津 最近、そんな時間はありましたか?

笠井 去年のクリスマスイブかな。

海老原 どんなことで笑い合ったんですか?

笠井 イブなのに、息子3人が家にいて、家族でパーティをしているわけ。それはそれでいいんだけど、でも「イブの日にどうなの?」って聞いたら、「最近は、そんなのは関係ない」みたいなことを言うの。僕らが若い時代、昭和の男からしたら信じられないことで。

海老原 最近は、草食系ですから。

笠井 そうなんだよね。まあでも、あの日は、ケンカをすることもなくワイワイできて、楽しかったわけ。いつもこんな風だといいな、と思ったんだけど、それを言うと「みんなで笑い合えるほど家にいないじゃん!」って返されちゃうんだけどね(笑)。

梅津 でも、笠井さんっていつ何をやっている時も楽しそうです。

笠井 基本、そうよ。いつでも楽しい。

梅津 機嫌が悪い時もないし、あるのは…すごく楽しいか、テンパっているか、寝ているかのどれか(笑)。

笠井海老原 はははは~!


梅津 プレゼンが多い日は、“話しかけるなオーラ”が出ていて、スタジオを歩く足音も大きくなって。小倉さんも「やることが多いと、どうして笠井くんの足音は大きくなるんだろう」と不思議がっています。

笠井 自分では気づいていないんだけど、「今日は俺が頑張らなくちゃ」という日には、プレッシャーがかかるのかな。確かに、ゴジラみたいな足音になっている気がする。

梅津 そこを指摘する小倉さんと笠井さんの関係性も気になるところですが…。

笠井 小倉さんとは、番組スタートからご一緒させていただいているので、もう19年でしょう。つかず離れずというと語弊があるかもしれないけど、本当に絶妙な関係性を小倉さんが保ってくださっているのかな。そうじゃないと、これだけ長い間、一緒にはできないですよね。小倉さんは、掛け値なしで優しい方ですから。

梅津海老原 そうですね。

最後に、今年の抱負をいただいて座談会を締めたいと思います。

海老原 「とくダネ!」に加入して4ヵ月目に入りましたが、新年ということで、気持ちも新たに、もう一度「自分のやるべきこと」をおさらいして、役割をちゃんと果たしたいと思います。そして、少し慣れてきた分、自分の中でも余裕を持って、視聴者のみなさまに情報をお伝えできたらいいな、と思っています。

笠井 やっと4ヵ月目なんだね。

梅津 海老ちゃん、よくやってますよ。

海老原 ありがとうございます!

梅津 私は引き続き、はっきりと大きな声で、明るく楽しい番組の雰囲気をお伝えしていきたいと思います。

笠井 僕はとにかく番組を盛り上げていきたい。視聴者の方に「とくダネ!」は面白いと思っていただけるよう、その引き金になれたらいいと思っています。小倉さんを中心に、弥英ちゃん、海老ちゃんの個性が引き立つような雰囲気を作ることもそうですし、一番は小倉さんがノッてスタジオを展開できるようなことをやっていきたい。それは、小倉さんにおもねるのではなく、時には小倉さんの意見に反対したり、ディベート形式にすることでもできるのかな、と思っていて。今年は、そういうことを含めて、恐れずにやっていきたいと思っています。引き続き、「とくダネ!」をよろしくお願いいたします!


Close×