ハチマガ

#2 ピョンチャンの感動再び!羽生は、宇野は?
3月21日開幕『世界フィギュアスケート選手権2018』の見どころを徹底解説!
ラフちゃんグッズのプレゼントも!

元フィギュアスケート選手
フジテレビ 技術局勤務
藤井辰哉(ふじい たつや)さん
1990年、全日本フィギュアスケート選手権優勝。1990年、世界フィギュアスケート選手権出場。同年競技生活引退後、フジテレビ入社。スポーツ局、事業局を経て、現在は技術局に勤務。日本スケート連盟フィギュア強化スタッフ、東京都スケート連盟フィギュア強化副部長、日本学生氷上競技連盟フィギュア技術顧問。2014年から4年連続全日本フィギュアで審判員を務めた。
元フィギュアスケート選手
フジテレビ スポーツ局勤務
中野友加里(なかの ゆかり)さん
2000年全日本ジュニア選手権優勝、2005年NHK杯優勝、2007年冬季アジア大会優勝、2009年ユニバーシアード冬季競技大会優勝。2005年GPファイナル3位、2006年四大陸選手権2位。世界フィギュアスケート選手権は2006年から3大会連続出場、2008年4位。2010年、競技生活を引退後、フジテレビに入社。映画事業局を経て現在はスポーツ局勤務。国内フィギュアスケート競技会では審判員も務めている。
  • 中野さん
    宮原選手は完成されたスケーターですね。何よりも彼女は本当に失敗が少ない。(中野)
  • 宮原選手はスケートのエッジの使い分け方とか、つなぎのステップなどがとにかく素晴らしい。(藤井)
    藤井さん

世界中が注目するフィギュアスケート最大の大会『世界フィギュア選手権』ですが、注目の選手は?

藤井 宇野昌磨選手、田中刑事選手、友野一希選手が出場することになりましたね。
羽生選手が欠場ということで、オリンピック銀メダリスト宇野選手にとっては、世界の頂点を奪うチャンスです。オリンピックでの調子の良さをそのまま持ってきてくれれば、十分に可能性があると思います。
田中選手は、世界選手権に出場するのは初めてなのですが、オリンピックで得た経験を自信に変えて全力でぶつかって、良いシーズンの締めくくりにしてほしいです。
友野選手は、本田武史先生や田村岳斗先生、ピョンチャンで日本チームに帯同した竹内洋輔強化副部長と同時代に戦った平池大人先生が、一から育て上げた最初の国際選手なので、個人的に感慨深いものがあります。今シーズンからシニアに参戦し、4回転サルコウをショートプログラムに入れたり、1月末の国民体育大会ではフリーで3アクセル+3トウループのコンビネーションを決めるなど、昨年に比べていくつか新たな試みをしていて、それらが世界選手権でうまく結実すると、今シーズンの良い締めくくりになって来シーズンへの更なる飛躍のきっかけになるでしょうね。
中野 技術面では4回転が跳べますし、「よく踊る!」という印象です。ぜひこの世界選手権で「KAZUKI TOMONO」をアピールして皆さんに名前を知ってほしいと思います。本人にとってもステキな経験ですね。
私はネイサン・チェン選手(アメリカ)にも注目しています。オリンピックではショートでミスが出てしまったのですが、フリーはすごかった。バレエをテーマとする音楽を使っているのですが、若いのに踊りも上手ですし、上半身の使い方もうまい。なによりも6回の4回転に挑戦するなんて、それだけのスタミナがないとできないことなので、怖い存在ですよね。あれをショート、フリーと、揃えてくると、なかなか対抗できないのではないかな、というくらいの力を持っています。オリンピックではメダルは取れなかったけれど、世界選手権では確実にメダルに絡んでくるのではないかと思います。
藤井 女子はどうしてもロシアの頂上争いになるでしょう。基本的なポテンシャル、持っているジャンプの難易度、技術に裏付けされた演技構成面など、やっぱりロシアのあの二人というのはちょっと抜けているので、なかなかその牙城を崩すのは難しそうです。
中野 日本の女子枠が2つになってしまっているので、今回の世界選手権では是が非でも3枠を取ってきてほしいです。そんな中で、オリンピックでも大健闘した宮原知子選手には期待しています。オリンピックと同じような演技ができれば表彰台が狙えるはずです。
藤井 宮原選手はスケートのエッジの使い分け方とか、ちょっとした動きだったり、つなぎのステップなどの構成とそれを実行する技術がとにかく素晴らしい。本当にいいスケーターのプログラムというのは、曲に選手が合わせるのではなくて、スケーターが滑っているところに音楽がついてくるかのような感じがするものなのです。これは私たちがジャッジする際に視点のひとつになっています。ここ数年の宮原選手にはそれをすごく感じることができます。
中野 そういう意味でも完成されたスケーターですね。何よりも彼女は本当に失敗が少ない。ショートとフリーの両方をパーフェクトに滑るなんてこと、そうそうできることではないです。まさに『ミス・パーフェクト』です。
藤井 そしてもう一人、日本女子代表として出場するのは樋口新葉選手。樋口選手は2017年の全日本選手権では4位で、オリンピックにはあと一歩手が届かなかった。ちょっと怪我をしていたのですが、先日彼女の先生と話して、現在は普通に練習ができているそうです。そして先日、オランダ・ハーグで行われた『チャレンジカップ』でも優勝しました。この優勝を弾みに、頑張って欲しいですね。
中野 何と言っても樋口選手は世界の上位選手6人だけが出場できるグランプリファイナルに出場しています。そこで、上位の選手と戦ってみてわかったことがたくさんあると思うので、うまく修正して世界選手権に臨むのではないかな、と思っています。そしてオリンピックに出られなかった悔しさをこの大舞台にぶつけてもらいたいです。

他の記事

ピョンチャンの感動再び!羽生は、宇野は?
3月21日開幕『世界フィギュアスケート選手権2018』の見どころを徹底解説!

元フィギュアスケート選手/フジテレビ 技術局勤務
藤井辰哉さん
元フィギュアスケート選手/フジテレビ スポーツ局勤務
中野友加里さん

この記事を共有する

インフォメーション

プレゼント

ハチマガ読者の皆様に小犬のラフちゃんキーチェーンを抽選で1名様にプレゼント!

応募受付は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました!
当選者の発表はプレゼントの発送を持って代えさせていただきます。

キーワード