ドラマ、映画、バラエティ、アニメ、イベントなどの出演者・アナウンサー・スタッフに取材するフジテレビインタビューサイト

ハチマガ

#1 ブレイク必至の要注目俳優&女優!
中井貴一主演『記憶』で光る
泉澤祐希×今田美桜のスペシャル対談

泉澤祐希(いずみさわ ゆうき)さん
1993年6月11日生まれ。千葉県出身。『東京が戦場になった日』(主演)、大河ドラマ『花燃ゆ』『表参道高校合唱部!』『コウノドリ』『アンナチュラル』などのドラマ、『君と100回目の恋』『サバイバルファミリー』などの映画にも出演。また、昨年、出演した連続テレビ小説『ひよっこ』で演じたヒロインの幼なじみ役が大きな話題となる。4月7日からは舞台『百年の秘密』に挑戦する。
今田美桜(いまだ みお)さん
1997年3月5日生まれ。福岡県出身。“福岡一の美少女”と話題となり、タレントを経て、2017年に本格的に女優デビュー。『刑事ゆがみ』『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(ともにフジテレビ)に出演。

現在、放送中のフジテレビとJ:COMの共同制作のドラマ『記憶』に出演中の泉澤祐希さんと今田美桜さんが登場!“朝ドラ”でヒロインの幼なじみ役を演じ話題となった泉澤さんと、“福岡一の美少女”と呼び声が高く、注目を集める今田さんに、『記憶』の現場でのエピソードや、お互いの気になることなどをトークしていただきました。

  • 泉澤祐希
    優秀な弁護士役に苦労もありました。(泉澤)
  • 台本を読んで泣きっぱなしでした。(今田)
    今田美桜

この作品は、若年性アルツハイマーになった、中井貴一さん演じる敏腕弁護士・本庄の生きざまを描く人間ドラマです。台本を読んでいかがでしたか?

泉澤 アルツハイマーを発症してしまった本庄先生を中心に、さまざまな事件が起こるのですが、それが複雑に絡み合っていたり、あちこちに伏線があったりするので、「これがどこで回収されるんだろう?」とドキドキ、ワクワクしながら読みました。
今田 こんなに人間味あふれるドラマが描かれている台本を読むのが初めてだったので、展開にドキドキしながらも、すごく泣きました。本庄先生が病気だと知った1話からずっと泣きっぱなしで…。それと同時に、中井さんはじめこんなにすごいキャストのみなさんの中で足立初花(はな)を演じられることが幸せでもあり、緊張もするな、とも思いました。

ご自身が演じる役について教えてください。

泉澤 僕が演じる二宮は、本庄先生の補佐につく新人弁護士です。正義感あふれている青年で、本庄先生に憧れて事務所に入ったのですが、そこで先生の「目的のためなら手段を選ばない」やり方を見て、幻滅してしまう。それでも二宮は自分の正義を貫こうとするから先生とぶつかることも多くなって、葛藤もするんですけど、先生の病気を知って、病気と闘おうとする姿を見てからは、「やっぱり先生はすごい」と改めて尊敬するようにもなって。そういう意味で素直なヤツでもあると思います。
今田 初花は、司法試験に失敗して事務員として事務所に入り、本庄先生の秘書として働いています。面接で落とされそうになったのを本庄先生に拾ってもらったこともあって、本庄先生の事を尊敬しています。もともと弁護士になりたかった女の子なので、芯も強いですし、だから、本庄先生に反抗する二宮には「なんだ、あいつは!」って感じで、強く出ちゃうんだと思います。

演じる上で心がけていることはありますか?

泉澤 弁護士というだけでも大変なのに、二宮が「首席で事務所に合格した優秀な弁護士」という設定なので、どうやったら“首席感”が出せるだろうか、って(笑)。表情のお芝居、セリフの言い方を意識しながら演じています。
今田 私も、初花がクールでテキパキと仕事をこなす女性で、普段の自分とは全然タイプが違うので、どうすれば「できる秘書」に見えるのか、を考えながら演じています。

そういう意味では、今着ているような衣装も助けになりそうですね。

泉澤 確かにそうですね。普段、スーツを着ることがほとんどないので、新鮮さもありますし。ネクタイを締めてスーツを着ることで、気が引き締まります。
今田 私も、プライベートでこんなにタイトなミニスカートをはくことがないので、この衣装を着ると、初花になれる気がします。一見、すごくタイトなので、「これ着られるの?」って思うこともあるんです(笑)。衣装の数も多いですし、しかも、どれも派手です。
泉澤 ゴハン食べたら、お腹がきつくなりそう(笑)。
今田 そうなんですよ。でも、食べるのは大好きだし、気にせず食べちゃうんですけど(笑)。

二宮、初花はふたりのシーンもあるかと思いますが、撮影でのエピソードがあれば教えてください。

泉澤 基本、現場はすごく楽しいよね。
今田 はい。すっごく楽しいです。
泉澤 シリアスなシーンも多いので、緊張してセリフを噛んでしまっても、中井さんが「大丈夫、お前ならできる!」と言ってくださったり。みなさんが現場を和ませてくださるので、和気あいあいとしています。
今田 そうですね。あと、(新人弁護士の)小杉さん(城築 創)とのシーンは、毎回すごく明るいですよね。
泉澤 そう。場がいきなりパーッと明るくなる感じがあって、お芝居をしていても楽しい気分になるので好きですね。僕らふたりで、というと…あそこは?フタを開けるシーン。
今田 ああ!初花の素が出るところがあるんです。お茶をいれようとした時に、容器のフタが開かなくて、「んん~、はんっ!」と声が出てしまって(笑)。
泉澤 奇声を発したので、みんな爆笑でした。あと、初花は説明することが多いよね。ヒールがエレベーターの隙間にはさまっちゃった時も…。
今田 そうでした。あの時も、セリフにはないのに「あ、はさまっちゃった」、外れたら「あ、外れた!」とか、言葉で説明しちゃいました。確かに(笑)。
4月5日公開の#2ではプレゼントのお知らせもあります!
『フジテレビONE/TWO/NEXT×J:COM共同制作 連続ドラマ「記憶」』

毎週水曜夜10時~
「フジテレビNEXT ライブ・プレミアム」と「J:COMプレミアチャンネル」で同時放送中。また、放送後の同日深夜0時より、J:COM動画配信サービス「J:COMオンデマンド」で4K版も独占配信中。
視聴方法はこちら→
http://www.kioku-drama.jp/viewing-method.html
出演:中井貴一 優香 泉澤祐希 今田美桜 モロ師岡 / 丸山智己 三浦貴大 / 草村礼子 石丸謙二郎 松下由樹

記憶

スタッフ:
<原作>
企画/STUDIO DRAGON CJ E&M
脚本/キム・ジウ
演出/パク・チャンホン
タイトル/『記憶』
<本作>
脚本/神森万里江
企画プロデュース/田淵麻子
プロデューサー/小林和紘(FCC) 竹田浩子(FCC)
総監督/パク・チャンホン
演出/平野 眞、坂本栄隆(FCC)、楢木野礼(FCC)

他の記事

この記事を共有する

インフォメーション

キーワード