ドラマ、映画、バラエティ、アニメ、イベントなどの出演者・アナウンサー・スタッフに取材するフジテレビインタビューサイト

ハチマガ

#1 テレビでは言えない禁断トークがさく裂!
『久保みねヒャダこじらせナイト』がライブで復活! MC陣が思いを語る

漫画家 久保ミツロウさん
漫画家 長崎県出身。1996年に『mimi』にて、『しあわせ5はん』でデビュー。その後、2008年に『イブニング』で連載が始まった『モテキ』が、ドラマ化、映画化されるなど大ヒットに。2016年に大ヒットとなったアニメ『ユーリ!!! on ICE』の原案、脚本も手掛けている。
漫画家/コラムニスト 能町みね子さん
漫画家/コラムニスト 北海道出身。大学卒業後、会社員としての勤務を経て、2005年にブログで文筆家、イラストレーターとしてデビュー。精通するジャンルは、音楽、相撲、建物など多種多様。雑誌、ウェブメディア、テレビ、ラジオなどで、独特の視点から鋭い意見を発信している。
音楽クリエーター ヒャダインさん
音楽クリエーター 大阪府出身。3歳でピアノを始め、作詞、作曲、編曲を習得。大学卒業後、2007年に本格的な音楽活動を開始。アイドル、アニメソングなどで多数のヒットを生み出す。また、本名の「前山田健一」名義で、ももいろクローバーZ、私立恵比寿中学、ゆずなどへ楽曲提供もしている。

漫画家の久保ミツロウさん、漫画家でコラムニストの能町みね子さん、音楽クリエーターのヒャダインさんが、鋭い本音トークを繰り広げる人気バラエティー番組『久保みねヒャダこじらせナイト』。昨年9月に惜しまれつつも地上波放送が終了した後、10月から月1ペースで『久保みねヒャダこじらせライブ』と題したライブを開催しています。『ハチマガ』では、昨年末のライブを終えた3人にインタビュー。ライブを振り返っていただき、地上波復活にかける思いなどを聞きました。

  • 久保さん
    スタッフはもちろん、その先にいるお客さんまで信頼できるのはうれしいこと(久保さん)

第3回となる「こじらせライブ」は、昼夜2回公演でした。両公演を見るお客さんも多数いるなど、盛況でしたね。

久保 ありがたい話ですよね。ただ、こちらはいつも通り楽しかったんですけど、お客さんが本当に満足しているのかが…。
能町 そこの疑問は毎回ありますね。
ヒャダイン そうですね。
久保 かといって、細かいコーナーを詰め込むのが“らしい”のかと言われればそうではないですし。
能町 「(笑って)いいとも!」じゃないし。でも、昼と夜で意外と変わるものだなって。内容も違うんだけど、お客さんの層もちょっと違った気がしました。昼間は、ほんわか柔らかい返しが来る感じで、夜の方は“満を持して”じゃないけど、「仕事を終えてから超期待してきました!」みたいな感じがあったのかなって。
ヒャダイン 昼公演をやるのは僕らも初めてだったので、ペースを確かめながらやるところもあったかな、と思います。供給側としては、そのちょっとした“むら”をなくさなきゃいけないんだけど。
久保 でも、“言っちゃいけないこと”は昼の部の方が多かったですよね。夜の部の方がテレビっぽかったと思います。
ヒャダイン 確かにそうですね。
能町 お客さんの側で見てみたいな、と思っちゃいました。両方見てくださった方が、昼と夜の間に何をしているのかも、気になりました。

今回のライブは、地上波で放送(18年1月1日深夜)されることが決まっていましたが、テレビとは違う“ライブならでは”ということは意識されていますか?

能町 なるべく変わらないように、ということを考えていたと思います。テレビでも「どうせ使えないだろう」と思いながら、ひどいことをしゃべったりしていますので。
ヒャダイン 結構、ひどいこと言ってますよね。
能町 だから、ライブでもテレビでもあまり変わらない方がいいんだろうって。
久保 確かに。それから、テレビの収録なら、ひどいことを言っても編集で削ってもらえても、お客さんの前で言ったら、どこで何を書かれるか分からない恐怖感というのが(普通はあるものなのに)、今のところ何もないんです。そこの安心感はありがたいと思いますし、スタッフの方は信頼していますけど、その先にいるお客さんまで信頼できるというのがうれしいことだと思います。
ヒャダイン そうですね。あと、ライブならではといえば、やっぱりお客さんのリアクションが直接感じられるのが面白いですね。引くときは本当に引くんだって(笑)。
久保 そう。ヒャダインさんの言うことに「ひゃあ~」って引いていましたよね。
ヒャダイン 何かでそうなりましたよね。
久保 (ヒャダインさんがしたという)永久脱毛の話ね。
能町 ああ。何で引いたんでしょうね。別にいいのにね。
ヒャダイン ですよね。でも、実際引いてましたね(笑)。

昼夜で違ったさまざまなコーナーがありましたが、みなさんのご意向はどの程度反映されているのですか?

久保 何もないです。全部、言われるがままにやっている感じです(笑)。
ヒャダイン 今日も、何をやるのか全然知らなかったですもん。
久保 ライブが始まる前にそれぞれがスタッフさんと打ち合わせをします。全員そろってというのはないんです。
能町 別々なんですよね。
久保 最近、ツイッターで投稿したネタや時事ネタなんかを聞かれるので、それに答えたりして…。そういう内容をもとに台本が作られるみたいですけど、台本は覚えずに舞台に立たせられています。
ヒャダイン ふふふ。
能町 でも、それでどうにかなっているんだから。
久保 すべて準備もなしに話しているのではなく、下打ち合わせしたことをもう一度構成して話しているので。二度目に話してもウケるかな、とか、一応整理して話してはいます。
ヒャダイン (夜の部でやった)「川柳」*は面白かったですよね。
久保 面白かったけど、自分があまり努力したわけじゃないからなぁ…。昔、『こじらせナイト』の収録は、収録時間も長いし、考えることも多くて、知恵熱が出るような感じでやっていたこともあったのに、ライブではそういうのがないから、「私、手抜きしてるのかな?」ってドキドキしたりするんです。
能町 特に、川柳は“組み合わせの運”だけですからね。
ヒャダイン でも、「豊田議員 1人ぽっちで 焼け野原」なんて、まさに最高の組み合わせになったんじゃないですか。すごい映像喚起力のある川柳ですよね。
能町 想像できてしまう。きついなぁ(苦笑)。
久保 印象派とかゴーギャンの絵で見てみたい(笑)。これ、誰かから怒られてしまわないんですかね…。
能町 怒られそうな気もしますよね。
久保 でも、「安室ちゃん 正論ばかり 見せつけろ」はカッコよかったな。「藤井四段 ダンマリきめこむ びっしょんこ」は、藤井四段に謝らないといけないですね。
ヒャダイン すいません、「びっしょんこ」は、僕が書きました。

*)上の句は「2017年の話題の人」、中の句は「昼公演に来たお客さんが書いたもの」、下の句は「3人が書いたもの」を、くじ引きで組み合わせて一句にする企画。
2月19日公開の#2では、会場限定グッズのプレゼントのお知らせもあります!

<ライブ情報>
『久保みねヒャダこじらせライブ』#5
開催日時 2018年2月25日(日)
<マチネ>開場12:00/開演13:00~
<ソワレ>開場17:00/開演18:00~
会場 お台場特設会場
チケット料金 3900円(税込)
出演 久保ミツロウ、能町みね子、ヒャダイン

2月10日(土)朝10時よりチケット発売!
詳細は、公式HPまで→
http://www.fujitv.co.jp/kojirasenight/kojiraselive/index.html

他の記事

テレビでは言えない禁断トークがさく裂!
『久保みねヒャダこじらせナイト』がライブで復活! MC陣が思いを語る

漫画家 久保ミツロウさん
漫画家/コラムニスト 能町みね子さん
音楽クリエーター ヒャダインさん

この記事を共有する

インフォメーション

キーワード