1922年、大正11年に開業。屋代線は、長野電鉄でもっとも古く、90年に渡って地域の足となってきた屋代線は、千曲川沿いを走り、須坂から松代を経由し屋代に至ります。営業距離24.4km、駅数13の路線。
2012年には、開業90周年を迎える路線でしたが、沿線住民から惜しまれつつ、2012年3月31日を持って廃線となりました。

"みんなの鉄道"をみんなに伝える

他の鉄道を探]す

もっと見る

6枚組み DVD-BOX& 単品DVD全5巻発売

列車の動力性能や列車の特徴を徹底解剖!車両の検査の様子や司令室など通常立ち入る事ができない現場にも積極的に公開。 番組独自の3~4画面構成による車内映像は、まるでその列車の運転士になったかのような臨場感を味わえる