宗谷本線は北海道のほぼ中央に位置する街・旭川から、日本最北端の駅・稚内を結ぶ営業キロ259.4km、駅数55の路線です。
明治31年天塩線の名で建設が始まり、まず旭川~永山間が開通。5年後には名寄まで北進。その後、宗谷線、宗谷本線と改称される中で工事も進み、昭和5年4月、現在の宗谷本線が開通しました。

この宗谷本線を走る車両は、極寒の地を時速130kmで走行する “特急スーパー宗谷”、キハ183系“特急 サロベツ”、普通列車 キハ40形ディーゼルカー、キハ54形ディーゼルカーの普通列車などがあります。

◆廃駅情報
宗谷本線南下沼駅
2006年廃駅
"みんなの鉄道"をみんなに伝える

他の鉄道を探]す

もっと見る

6枚組み DVD-BOX& 単品DVD全5巻発売

列車の動力性能や列車の特徴を徹底解剖!車両の検査の様子や司令室など通常立ち入る事ができない現場にも積極的に公開。 番組独自の3~4画面構成による車内映像は、まるでその列車の運転士になったかのような臨場感を味わえる