釧網(せんもう)本線は網走と釧路を結ぶ営業キロ169.1km、駅数28の路線です。
この路線の沿線には、釧路湿原、摩周湖など豊かな自然が息づいており、JR北海道屈指の人気を誇っています。

この釧網本線を走るのは、SL冬の湿原号、(臨時列車)“快速 お座敷摩周号”、流氷ノロッコ号など冬季限定で走るイベント列車があります。
釧網本線は、大正13年、網走~北浜間が開通。この時は、釧網線という名称は使われず、池田、北見、網走と伸びていった網走本線の延長と見られていました。一方、釧路方面からの建設は少し遅れて、標茶(しべちゃ)まで開通したのが昭和2年。全通となったのは昭和6年のことでした。
"みんなの鉄道"をみんなに伝える

他の鉄道を探]す

もっと見る

6枚組み DVD-BOX& 単品DVD全5巻発売

列車の動力性能や列車の特徴を徹底解剖!車両の検査の様子や司令室など通常立ち入る事ができない現場にも積極的に公開。 番組独自の3~4画面構成による車内映像は、まるでその列車の運転士になったかのような臨場感を味わえる