いすみ鉄道・いすみ線は、旧国鉄の木原線を引き継いだ第三セクター路線。千葉県の房総半島東側にある大原から内陸部の上総中野へ、房総半島を横断する形で走る、営業距離26.8km、駅数14の路線です。

いすみ鉄道は沿線に多くの花が植えられていて、車窓には季節によっていろいろな顔を見せてくれます。特に菜の花の時期はきれいで、黄色いじゅうたんの上を走る列車は“ムーミン列車”愛称にもぴったりな幻想的な空間を走る列車です。
また、現在では珍しくなった、JRより購入したキハ52形やキハ28形気動車の活躍風景を見られるのもこの鉄道ならではの光景です。
"みんなの鉄道"をみんなに伝える

他の鉄道を探]す

もっと見る

6枚組み DVD-BOX& 単品DVD全5巻発売

列車の動力性能や列車の特徴を徹底解剖!車両の検査の様子や司令室など通常立ち入る事ができない現場にも積極的に公開。 番組独自の3~4画面構成による車内映像は、まるでその列車の運転士になったかのような臨場感を味わえる