1922年(大正11年)にその歴史が始まった十和田観光電鉄線は、青森県の太平洋側、JR東北本線と接続する三沢から十和田市に至る営業キロ14.7km、駅数11の路線です。古牧温泉や三八地区を代表する田園地帯があり、車窓には、のどかな風景が広がっています。

北里大学前駅から十和田市駅までの沿線には、桜並木が続き、車窓から観る桜は、絶景です。そして、今回は旧型車両のモハ3400形、モハ3600形、さらにED300形などの走行シーンもご紹介します。
"みんなの鉄道"をみんなに伝える

他の鉄道を探]す

もっと見る

6枚組み DVD-BOX& 単品DVD全5巻発売

列車の動力性能や列車の特徴を徹底解剖!車両の検査の様子や司令室など通常立ち入る事ができない現場にも積極的に公開。 番組独自の3~4画面構成による車内映像は、まるでその列車の運転士になったかのような臨場感を味わえる