日本最上級の寝台列車「ななつ星」は、2013年10月15日運行開始。九州の七つの県を表現して名付けられました。

最も高価な客室は二人で100万円以上。
現在、毎週火曜日に博多を出発する三泊四日のコースと、毎週土曜日に出る一泊二日のコースがあります。
「クルーズトレイン ななつ星 in 九州」のプロジェクトが始動したのは2011年12月。このビッグプロジェクトをまかされたのは、JR九州で、これまでに数々の斬新なデザインを手がけて来た水戸岡鋭治(ドーンデザイン研究所代表)。
総工費30億円。
「ななつ星」の先頭に輝くのがDF200形7000。JR貨物で活躍する電気式ディーゼル式機関車で、それをななつ星専用に、自動連結器から密着連結器に変更。また、騒音や振動を抑制する機能を強化しています。そして、その後ろに輝くのがセブンスター、七両の客車たちです。
"みんなの鉄道"をみんなに伝える

他の鉄道を探]す

もっと見る

6枚組み DVD-BOX& 単品DVD全5巻発売

列車の動力性能や列車の特徴を徹底解剖!車両の検査の様子や司令室など通常立ち入る事ができない現場にも積極的に公開。 番組独自の3~4画面構成による車内映像は、まるでその列車の運転士になったかのような臨場感を味わえる