大正元年に開業した民間の軽便鉄道を前身とする鹿児島市電。2012年12月1日に開業100年を迎えた日本最南端の路面電車。1系統は鹿児島駅前から谷山に至る営業キロ9.4km、停留所数25の路線です。

鹿児島市電は、美しい芝生軌道や、景観を保つ為のセンターポール化など人と地球に優しい路線として知られています。車両も古い物を再利用して新しい車両を作ったり、2002年から運用されている1000形(ユートラム)は、日本初の純国産超低床車両で、利用者や市民に愛されています。
また市内観光を楽しめる観光レトロ電車“かごでん”や、他の路面電車では見る事の出来ない、芝刈り電車なども紹介致します。
"みんなの鉄道"をみんなに伝える

他の鉄道を探]す

もっと見る

6枚組み DVD-BOX& 単品DVD全5巻発売

列車の動力性能や列車の特徴を徹底解剖!車両の検査の様子や司令室など通常立ち入る事ができない現場にも積極的に公開。 番組独自の3~4画面構成による車内映像は、まるでその列車の運転士になったかのような臨場感を味わえる