1968年から寝台特急として、大阪と青森を結んで来た「日本海」。経由するのは二府八県、六つの線区。トータル1000キロを超える距離をおよそ15時間かけて走破します。
日本海に沿って走り、大阪と青森を結ぶ「日本海」は、今日では数少なくなった貴重な寝台特急。24系客車の端正な美しさは国鉄時代から何も変わることなく、見る者を魅了し続けていました。
その「日本海」も2012年3月17日のダイヤ改正で定期運用を終了しました。

19時31分。 まだ冬の面影が残る青森駅を「日本海」は大阪へ向けて発車。列車は夜の奥羽本線、羽越本線をひた走り、富山で朝を迎えます。敦賀では青森からけん引を務めてきたEF81形の機関車交換の様子も映像に収録。敦賀を過ぎると、やがて列車は湖西線へ。車窓に波穏やかな琵琶湖が姿を見せると、京都、大阪はもうすぐです。
終着、大阪着は10時27分。
青森から大阪まで1023.4キロ、およそ15時間の道のりの車窓風景は変化に富み、鉄道旅行の醍醐味を存分に味わうことができます。
"みんなの鉄道"をみんなに伝える

他の鉄道を探]す

もっと見る

6枚組み DVD-BOX& 単品DVD全5巻発売

列車の動力性能や列車の特徴を徹底解剖!車両の検査の様子や司令室など通常立ち入る事ができない現場にも積極的に公開。 番組独自の3~4画面構成による車内映像は、まるでその列車の運転士になったかのような臨場感を味わえる